ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

動画を『作れない』から『作れる』になるたい!そんなできない(ゼロ)からできる(イチ)になるためのブログ!

【レビュー】X100Fをようやくゲットしました!後継機への期待も!

f:id:Studiocedarv:20190127220848j:plain 

こんにちは。ゼロイチです。

 

ずーっと憧れていたフジフィルムのコンデジX100Fをようやくゲットできました。

そして先日、X100Fを持って能登 中島の国民宿舎 小牧台に行ってきました。

・X100Fで撮る作例!能登の国民宿舎 小牧台の朝焼け

ずーっと恋い焦がれていたX100Fですが、後継機もそろそろと噂のある機種をなぜ買ったのか、そして今後発売するであろう後継機に期待すること、そしてX100Fをカスタマイズするためのアクセサリをまとめてみました。

 

この記事で伝えたいこと

  • X100Fを欲し買った理由
  • X100Fの後継機に期待すること
  • X100Fをカスタマイズするアクセサリはこれ!

 

目次

 

 

ずっと欲しかったX100F

f:id:Studiocedarv:20190127223556j:plain

本当に欲しかったX100F。

X100Fをほしい気持ちが溢れて記事を書いてます。

・FUJIFILM X100Fが欲しい!その素晴らしさをまとめてみたよ!ブログ紹介も!

そして一度後輩から一週間X100Fを借りて使い倒してその良さを実感しました。

・X100Fで撮る!東京散歩 後継機の発売も期待したい!作例も!

 

現像処理から解放される撮って出し

X100Fをゲットして一番やりたかったことが、『Jpeg撮って出し!』。

 

正直、街角スナップとかライトな撮影を楽しみたい時に、現像処理ってめんどくさかったんです。

できればすぐにSNSで発信したいし、ブログの記事にもしたいのに、現像処理するというワンステップが増えることで、少し重荷に感じていることもありました。

 

ちょうどいいサイズ感

愛していたRX100m6をドナドナした理由の一つが『サイズが小さすぎた」こと。

・カメラの断捨離を断行!RX100m6とα7ⅱをドナドナしました

X100Fはポケットに入れようと思うとちょっと大きい。

でも『今の』自分にとってはベストサイズなカメラでした。

(時が経てばまたベストサイズは変わると思いますし、そうあるべきだと思います)

そして、ボディが少し大きくなった恩恵としてセンサーサイズも大きくなりました。

APS-Cサイズのセンサ『X-Trans CMOSⅢ』にも期待しています。

1インチセンサのRX100シリーズよりも、少し余裕のある絵を叩き出してくれると期待です。

 

 

X100V?X100Fの後継機にも期待したい

f:id:Studiocedarv:20190127224820j:plain

X100Fは発売から2年経っている機種です。

そろそろ後継機(X100V?)が発売されると予想されています。

(個人的にはCP+2019で実物が展示されていたら嬉しいなぁ)

 

X100Fの後継機に期待すること

X100Fの後継機、X100Vに期待するのはこんな機能です。

新しいフィルムシミュレーション『エテルナ』の搭載

FUJIFILMの上位機種に搭載されているフィルムシミュレーション『エテルナ』ですが、ぜひ後継機には搭載してほしいです。

『エテルナ』は映画用フィルムをイメージしたフィルムシミュレーションです。

より動画向きの色表現ができることを期待したいです。

 

4K動画撮影に期待

この2年で4K動画は身近なものになってきました。

X100Fの後継機に期待したいのは4K動画を撮影できること。

60Pまではいらないです。30Pで十分。エテルナで撮影する動画ってカラグレがいらないんじゃないかと思います。

『MP4撮って出し』が流行るんじゃないかと思います^^

 

バリアングル液晶の搭載

ハイアングルやローアングル撮影時に、液晶が少しでも動いてくれると助かります。

X100Fの後継機に期待したいのはバリアングル液晶の搭載です。

自撮りはできなくてもいいのでソニーのα7シリーズくらいで十分です。

 

手振れ補正はなくてもいい

最近はどんな機種にも手振れ補正が搭載されています。

しかし最近DJIのジンバルカメラOsmoPocketを使い出すと、一眼カメラなどに搭載されている手振れ補正は気休め程度にしかならないことを実感しました。

X100Fの後継機では、そんな中途半端な手振れ補正を搭載してボディが重く、大きくなるのであれば、いっそのこと手振れ補正は搭載して欲しくありません。

そこは潔く切り捨ててほしいですね。

 

X100Fの後継機が発売されたらどうする?

X100FはRX100m6をドナドナすることでゲットできました。

カメラは売却することで次のカメラを購入する資源とすることができます。

特にオススメなのがマップカメラさん。

売却するときのめんどくささも、マップカメラさんにお願いするととても簡単に処理することができます。

・マップカメラ|日本最大級のカメラ総合サイト(中古販売・買取)

 

X100Fの後継機X100Vが発売されたら、またいろんなカメラやレンズをドナドナして資金を作りたいと思います。

だからX100Fは後継機が発売されるまでのつなぎのカメラになるかもしれません。

それでも所有したかったと思えるくらいのカメラなんです。

 

 

X100Fはアクセサリでカスタマイズする楽しみも! 

f:id:Studiocedarv:20190127230825j:plain

X100Fは『カメラ」っぽい外観も魅力の一つですが、様々なアクセサリをつけることでカスタマイズできることも大きな魅力の一つ。

 

私が購入を検討しているアクセサリを紹介します。

レンズフード

X100Fのクラシカルな外観にぴったりなのがレンズフード。

しかも現代的なものではなく。どことなくノスタルジーなレンズフードを選びたい。

色々なメーカーから発売されていますが、自分がチョイスしたいのはやっぱり純正のレンズフード。

値段は若干張りますが、質感もぴったりでオススメです。

首から下げているだけ絵になるカメラになりますよね。

 

液晶保護フィルム 

スマホもPCもカメラも、最近では液晶に保護フィルムを貼るのは必須になっています。

X100Fにも貼っちゃいましょう。

フィルムを貼るときは毎回緊張します。。。

でも液晶に傷がついてしまうと後悔しても仕切れないので必ず貼るようにしましょう。

 

カメラストラップ

X100Fを持つならメーカーの純正ストラップじゃなくてちょっとおしゃれなストラップをつけたいです。

私が今狙っているのはピークデザインのストラップ。

色はアッシュで結構おしゃれな感じ。首から常にかけて歩くのがおしゃれですね^^

私は革のストラップも持っているので、気分に合わせて付け替えてもいいかもしれません。容易にストラップを付け替えられるようにするために、ピークデザインのアンカーは必須です。

ピークデザインのストラップを買うと付いてきますよ。

 

最後に

f:id:Studiocedarv:20190127233310j:plain

来月、出張で東京ー京都ー大阪と移動します。

その時にぜひX100Fを持っていきたいと思っています。

昼間は撮影する時間がありませんが、夜や朝の風景をたくさん撮影したいと思います。

ちょっとマンネリ化していたカメラライフがまた活発になりそうです。

あとは、今の仕事を早く落ち着かせて撮影する時間を作り出さないと。。。