ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

ソニーの新しいGMレンズ135mmF1.8が発表されました!

f:id:Studiocedarv:20190227211747j:plain

ソニー公式HPより

こんにちは。ゼロイチです。

先日SonyAlphaRumorsでソニーの新しいレンズの噂が出てきました。

www.sonyalpharumors.com

ざっくり翻訳すると

『新しい135mmF1.8のGMレンズが7−8日以内に発表されるよ。そのほかのEマウントレンズが発表される予定だよ。でもα7Sⅲはまだ発表されないみたい。6月以降かな?』

って書いてあります、多分。

新しいGMレンズはどんなレンズなのか予想してみました。

2019.02.27追記

ソニーから公式発表がありましたので一部追記しました。

目次

 

GM(G Master)レンズとは

数々のレンズを作っているソニーが誇る最高級レンズ、それがGMレンズです。(GMとはG Masterの略)

G MASTER | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

素晴らしいほどの解像感が魅力。

私が持っているのは24mmから70mmまでのいわゆる標準域をカバーするズームレンズ(SEL2470GM)。

GMレンズの素晴らしさに改めて気づいた記事はこちら。

・SONY α7RⅲとGMレンズの組合せは最強!in滋賀県 余呉湖

今回新たに発表されると予想されているのは135mmの単焦点レンズなので、その写りの良さはさらに素晴らしいことでしょう。

 

現在のGMレンズラインナップ

GMズームレンズ

SEL2470GM

24mmから70mmの標準域をカバーするズームレンズ。

いわゆる大三元レンズ(F値が2.8通しのズームレンズ)の一本です。

私も現在持っている万能な最強レンズです。(価格も重さも、、、)

SEL1635GM

16mmから35mmの広角域をカバーするズームレンズ。

こちらも大三元レンズの一本になります。

Ryoya TkashimaさんのYouTubeチャンネルです。

この動画はSEL1635GMで撮影されています。欲しくなりますよね。

youtu.be

SEL70200GM

70mmから200mmの望遠域をカバーするズームレンズ。

こちらも大三元レンズの一本になります。

レンズだけで1480gあります。筋トレ必要ですね^^

さらにテレコンを取り付けることで焦点距離が1.4倍か2.0倍に伸ばすことも可能です。

SEL100400GM 

100nnから400mmまでをカバーする望遠ズームレンズ。

F値焦点距離によって変化しますが、最大400mmまで伸びる焦点距離は大きな魅力。

さらに、SEL70200GMと同様にテレコン焦点距離を伸ばすことができるので、最大800mmの焦点距離を確保することが可能。これは大きな魅力。

GM単焦点レンズ

SEL24F14GM

焦点距離24mmの単焦点レンズ。F値は1.4。

風景写真を中心にマルチな活躍をしてくれるレンズ。

思ったよりも小ぶりでお散歩カメラとしても頑張ればなんとかなる。

SEL85F14GM

85mmの焦点距離単焦点レンズ。F値は1.4。

ポートレートに最適な85mmでF値1.4なので綺麗な写真が撮れること間違いなし。

24mmなど風景写真で撮影するときはある程度絞って撮影することもあるかもしれませんが、このレンズは開放で使うことが前提のレンズと言ってもいいかも。一本は手元に欲しいレンズ。

SEL100F28GM

焦点距離100mmの単焦点レンズ。

STF(スムース・トランスファー・フォーカス)レンズなので滑らかなボケが魅力。100mmという焦点距離は85mmと同様にポートレートに最適だと思います^^

SEL400F28GM

400mmの望遠レンズですがF2.8を確保した明るいレンズ。

主にスポーツシーンの撮影などに大活躍。

ただし値段も大活躍?

軽自動が新車で買えます。。。

 

ソニーEマウントの135mm単焦点レンズ

現在発売中のGMレンズ以外の135mmレンズを確認しましょう。

Carl Zeissカールツァイス)Batis 2.8/135

ドイツのレンズメーカーカールツァイスから発売されているレンズ。

F値は2.8と他と比べると少し暗いと思うかもしれませんが、補って余りあるほどのクリアさ、シャープさを表現できます。 

photo.yodobashi.com

 

シグマ 135mm F1.8 DG HSM

シグマから発売されているレンズ。カールツァイスのレンズと比べると大分リーズナブルな価格です。 

photo.yodobashi.com

写りもシグマらしい写りをしてくれるので、選択肢の一つにしてもいいのではないでしょうか。

実際に私も、今回の発表前までは購入に向けて準備をしていたほどです。

www.studiocedar.life

  

SEL135F18GMの価格はどれくらいになる?

GMのズームレンズは総じて20万円超えのレンズですが、単焦点レンズは20万円を切るレンズが多いです。

しかしSEL135F18GMは20万円を超えてくることを予想します。

カールツァイスのレンズは20万円前後で取引されていることを考えると、GMレンズは25万円ほどになると思います。

単焦点レンズとしては高い部類に入りますが、かなり素晴らしい写りになると思われるので価格以上の価値が見出せると思っています。

コストパフォーマンスについては、フォトヨドバシなどの作例を確認してみたいですね。

2019.02.27追記

ソニーストアで税別235,000円となりました。

予想よりも少しだけ安かったですね。 

撮影サンプルも公式HPに掲載されていました。

SEL135F18GM 撮影サンプル | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

モデルの耳毛までしっかりと描写しているのは流石のGM。ボケも綺麗なのでポートレートをする人にはよだれが出るレンズじゃないでしょうか。

SEL135F18GMの発売時期は? 

発売時期は3月上旬から中旬に発売されると予想します。

CP+2019で展示されみんなの注目を一斉に集めて、その後発売の流れになるかと。

私もCP+に行く予定にしているので、展示されていれば是非触ってみたいですね^^

2019.02.27追記

4月19日に発売されるようです。それまでに金策できるのか。。。

3月1日よりソニーストアで実機を確認できるようなので日曜日にでもソニーストア大阪に行って触ってみたいと思います。 

レンズ重量が950gなのでそこそこのヘビーボディーですが、これだけの描写なのでそこは我慢でしかないですね。

最後に

他社がどんどんフルサイズミラーレス機を発表する中、ソニーは沈黙を守り続けていました。

しかしフルサイズミラーレスの分野ではソニーは頭一つ抜き出ているので慌てる必要もなかったのかもしれません。

他社の動きをじっくりと見極めたのち、押しの一手としてのGMレンズを発表してくるあたりが憎いですよね。

成熟期に入りつつあるソニーEマウントレンズ群。他社が追いつくのはもう少し先になりそうですから、今のうちに思う存分Eマウントレンズ、GMレンズの良さを味わっていきたいと思います^^

2019.04.20追記

発売日にゲットできました!

www.01dougajyuku.work

 

次の記事はこちら

・【作例】α7Rⅲで撮る!夕焼けとヌッコを撮影in北川尻

・【作例】α7Rⅲで撮る!動画性能検証 想像以上にきれい!

コンデジだけどX100Fもオススメ

・ー君と僕とX100Fとー 作例

・X100Fで撮る!東京散歩 後継機の発売も期待したい!作例も!

・X100Fで撮る!ネイチャーの表現in国重要文化財『喜多家』 作例も!

動画を撮るならOsmoPocket!

・【レビュー!】DJI OSMO Pocket(オズモ ポケット)は生活を変える!十分広角でオススメです!

・OamoPocket(オズモポケット)で撮る動画 金沢 東茶屋街

・DJI Osmo Pocket(オズモポケット)は最強の旅カメラ!卒業旅行の最高の思い出が残せる!