ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

『できない』から『できる』になりたい!そんなできない(ゼロ)からできる(イチ)になるためのブログ!

ソニーα6400は罪なカメラを作ってしまった!YouTuberに最適なカメラかもしれない

f:id:Studiocedarv:20190222175545j:plain

こんにちは。ゼロイチです。
 
ソニーα6400が発売されました。
すでにα6300とα6500が発売されていて、みんなα7000が発売されると想像していたので、ナンバーを刻んできたのには本当に驚きましたね。
 
α6400はα6500の廉価版と思われがちですが、仕様をよく見ると全く違うカメラのようなのでレビューしたいと思います。

 

目次

α6400のスペック

すでに色々な方がスペック表を作ってくれているのでここで細かく説明することは控えます。下記のHPをご確認ください。
特筆すべきなのは、被写体追尾AFや瞳オートフォーカスなどのスペックがアップしていることです。

f:id:Studiocedarv:20190222175827j:plain

ソニー公式HPより

f:id:Studiocedarv:20190222175856j:plain

ソニー公式HPより
また動画性能についても4K HDRが可能になり、より動画寄りのカメラにシフトしてきている印象です。
さらに大きな違いは、背面ディスプレイが180度反転し、自撮りなどの対応が可能になったことです。
 
ただしいいところばかりでなく、α6500に比べて劣っているところもあります。それは手振れ補正がないこと。
 
最近のミラーレスカメラはほとんどの機種が手振れ補正機能がついています。
写真を撮影する時だけでなく、動画を撮影するときにも大活躍してくれる機能なので、α6500と比べて動画寄りのカメラにシフトしているα6400にしては不明なスペックダウンです。

α6500の反省をα6400に

私はα6000、α6500と使ってきましたが、α6500は手振れ補正機能をつけたこともあり、ずっしりと重いカメラでした。
また価格も他のAPS-Cミラーレスカメラと比べても頭一つ飛び抜けた高さでした。
ソニーはそんな他社との競合状況を踏まえて、あえて新作カメラα6400では、手振れ補正機能を削除して軽量化と低コスト化を狙ったのかもしれません。

ターゲットユーザーはYouTuber?

私は自分でソニー党を名乗っているほどソニーのカメラが大好きです。
RX100シリーズもm3とm6を使ってきましたし、フルサイズミラーレスでは、α7(初代)、α7m2、α7R3と主だったカメラは全て使ってきています。
そんな私が唯一不満だったのは、YouTuberからのソニーカメラの評価が低かったこと。
特にαシリーズは、背面液晶が反転しなかったため自撮りが中心のYouTuberには不評でした。
昨今ではYouTuberの発言力も大きくなり、有名YouTuberが商品紹介をするとお店から品物がなくなるほど。
ソニーはそんな唯一の低評価だったYouTuberに満足してもらえるカメラを作ったと思います。

主なYouTuberのカメラの使い方にぴったり合っている

色々なYouTuberがいますが人気があるのは自撮り撮影スタイルの人が多いですね。
みなさん三脚にカメラを設置して、自分の映りを確認しながら撮影するスタイルです。
商品紹介をする人は、目の前にさっと商品を出せばすぐにフォーカスが合う。
α6400はそんなYouTuberに最適なカメラだと思いませんか?

 

動画を歩き撮りする人は購入を控えたほうがいいかも
手振れ補正がないので歩きながらの動画撮影は厳しいです。
最近はOsmoPocket(オズモポケット)などのジンバル機能がついた小型のカメラもあるので、歩き撮りする人はオズモポケットを購入することをオススメします。

写真をメインに撮る人にはいいカメラかもしれない

写真撮影では動画ほど手振れ補正がないことによる弊害はないかもしれません。
AFは早くなっているし、バッテリーもα6500よりも長く撮影することができます。何よりも軽くて低コストになっていることが魅力です。
ボディ購入で浮いた費用はできればレンズを購入する費用に充てて欲しいですね。
シグマの56mm F1.4 DC DNは単焦点レンズで非常に綺麗に描写しつつ価格も抑えられた素晴らしいレンズです。

α6500も使っていた私はα6400を購入するか?

α6500を使っていた私は、カメラを購入しようと思ったらα6400は購入すると思います。
今はα7R3があるのでしばらくは購入することはありませんが、α6500を使った後でもα6400は購入すると思います。
もし今α6400を購入しようか迷っている人がいるなら迷わず購入することをお勧めします。

α6500はどこに向かっているのか

ソニーAPS-Cハイエンド機のα6500は今後間違いなくα7000へグレードアップすると思います。
全部盛りのモリモリカメラとして生まれ変わると予想します。
フルサイズミラーレスのα7シリーズと競合するようなラインナップになるんじゃないでしょうか。
『小型軽量でフルサイズと比べて比較的安くて動画にも強いカメラ』、結構そそられますよね^^

最後に

各社から様々なミラーレスカメラが発表される中、オオトリとしてソニーが魅力的なカメラを発売しましたね^^ 

  次の記事はこちら

・ソニーα6400が発売されました 一緒に買いたいアクセサリー7選

・【2019年】一番オススメされているミラーレスカメラ5選!

RX100m6

・RX100m6で撮る!東京駅周辺のお勧め写真スポットin東京国際フォーラム 作例も!

・RX100m6で撮る!スナップ撮影には最適 in 金沢市内 作例も!

α7R3

・SONY α7Rⅲは最強ミラーレスカメラ!5つの素晴らしい点

・SONY α7RⅲとGMレンズの組合せは最強!in滋賀県 余呉湖

X100F

・【レビュー】X100Fをようやくゲットしました!後継機への期待も!

・X100Fで撮る!東京散歩 後継機の発売も期待したい!作例も!

OsmoPocket(オズモポケット)

・【レビュー!】DJI OSMO Pocket(オズモ ポケット)は生活を変える!十分広角でオススメです!

・OSMO Pocket(オズモポケット)で撮る 動画作例集