ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

動画を『作れない』から『作れる』になるたい!そんなできない(ゼロ)からできる(イチ)になるためのブログ!

NOKTONで撮る作例 ーclassic35mmF1.4ー 京都祇園

f:id:Studiocedarv:20190208222051j:plain
こんにちは。ゼロイチです。

 

コシナから発売されているVoigtlanderNOKTON(フォクトレンダーノクトン)classic 35mmF1.4を持って京都祇園を撮影してきました。

動画を撮影するついでに写真撮影していたのでボリュームは少ないですが、小さなレンズなのでお散歩用レンズに最適なレンズだと再認識。

 

NOKTONとは

コシナから発売されているレンズでフォクトレンダー銘の明るいレンズのことを言います。

NOKT(ノクト)が『夜』を表すように、夜でも撮影できる明るいレンズ(F値が1.5より小さい)を指します。

今回私が持ち出したのはclassic 35mm F1.4 Eマウント用。

撮影に使ったカメラはソニーのミラーレスカメラα7Rⅲ。

最高最強のミラレースカメラです。LOVE

カメラは優秀なAF(オートフォーカス)が自慢の一台ですが、NOKTONはAFがなくてMF(マニュアルレンズ)のみ。

一枚写真を撮るたびにピントを自分で調整する必要があります。

しかしそんな所作も愛おしく思えるようなレンズです。

 

目次

 

 

NOKTON classic 35mm F1.4の作例

まずは宿泊先のホテルから祇園まで歩きました。15分くらいだったかな?

その途中にもおしゃれなスポットがたくさんあります。さすが京都。

ついつい足を止めて写真を撮ってしまいます。

DSC04868

祇園に到着して一頻り動画を撮ってから写真撮影の開始です。

ちょっとくらい路地のその向こうへ行きたくなる雰囲気がたまりません。

あえてピントは濡れた路地に合わせて開放で撮影してみました。

DSC04870

向こうののれんをくぐりたくなる、そんな情景がここにあります。

本当にくらい状態だったんですが、さすがNOKTON.

くらい場所でもしっかりと描写してくれます。

ちなみに撮影はMモード。フォーカスも含めて完全マニュアルモードなので、撮影に時間がかかります汗

DSC04872

祇園のいいところは細い路地がたくさんあること。

そしてその路地ごとにいろいろな風景があること。

DSC04873

ちょうど芸者さん?が出てきたのでパシャり。

雰囲気がありますよね。

DSC04877

f2.8なのに中央の車ライトの光芒の美しさ。

これが撮れた時に『さすがNOKTON!』と叫んでしまいました。

他の写真には写っていませんが結構アジア系の観光客の方がいましたよ。

DSC04881

鴨川から鍋屋町の方をパシャり。

f8.0まで絞っているので、橋の欄干の上にカメラを乗せて撮影しました。

DSC04882

紙屋町の路地をパシャり。

明るいレンズは正義ですね。f4.0で撮影。

DSC04888

ホテルまで戻る途中でまたパシャり。

本当におしゃれな街です、京都は。

DSC04893

 

 

撮影後のNOKTON classic 35mm F1.4の印象

35mmの焦点距離は自分にとってはちょっと広いかな?と感じる距離感。

でも京都の小路で撮影するにはちょうどいいかもしれません。

400mmF1.2と比べて少しくらいレンズ(とはいえF1.4ですが)だけど、小ぶりでα7Rⅲとぴったりのサイズ感でした。

お散歩カメラにもっと持ち出したくなりますね。

 

祇園で撮影した動画はこちら

今回の旅で撮影した動画はこちらです。

www.01dougajyuku.work

DJIのOsmoPocket(オズモポケット)で撮影してみました。

結構お気に入りの作品に仕上がったのでよろしければご覧になってください。

 

最後に

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4は最高のお散歩レンズかもしれません。

そしてクラシカルな外観で冷たくずっしりとくる感触は、眺めながら酒が飲めるレベルです。NOKTONは40mmF1.2も持っているのですがどちらもいいレンズです。

X100Fも含めて、これからどんどん持ち出して撮影していこうと思います。