ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

動画を『作れない』から『作れる』になるたい!そんなできない(ゼロ)からできる(イチ)になるためのブログ!

NOKTONで撮る作例 ー40mmF1.2Asphericalー 金沢

f:id:Studiocedarv:20190203175751j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

 

コシナから発売されているVoigtlanderNOKTON(フォクトレンダーノクトン)40mmF1.2Aspherical(アスフェリカル)を持って金沢市内をぶらぶらしてきました。

NOKTONとは

コシナから発売されているレンズでフォクトレンダー銘の明るいレンズのことを言います。

NOKT(ノクト)が『夜』を表すように、夜でも撮影できる明るいレンズ(F値が1.5より小さい)を指します。

今回私が持ち出したのは40mmF1.2Aspherical Eマウント用。

撮影に使ったカメラはソニーのミラーレスカメラα7Rⅲ。

 優秀なAF(オートフォーカス)が自慢の一台ですが、NOKTONはAFがなくてMF(マニュアルレンズ)のみ。

一枚写真を撮るたびにピントを自分で調整する必要があります。

しかしそんな所作も愛おしく思えるようなレンズです。

まだまだ使いこなせていませんが、いくつか作例を載せます。 

ご覧ください。

 

目次

 

 

NOKTON40mmF1.2の作例

撮影に出かけたのは、金沢近江町市場がある武蔵ヶ辻をスタートして南町を通って尾山神社まで行ってきました。

DSC04799

近江町市場エムザ口。エムザロ(えむざろ)と読まれないように、『口』の右肩に小さく『グチ』と書かれています。

写真は全てクリックストFlickrで見ることができます。圧縮されていない写真を参考にしたい人はぜひご覧ください。

DSC04803

勝手にイメージしているフォクトレンダーの得意な写真はこんなガリガリ系かと思っています。

サビとか、アスファルトとかって男子は好きですよね。

DSC04806

開放F1.2で撮影するとここまで前ボケします。

MFなのでえいや!ってピントを合わせないといけないので、一瞬の構図を狙うときは結構大変!汗

DSC04812

DSC04816

尾山神社の最大の特徴である、ステンドグラスが入った門があるのですが、これを綺麗に撮影するのって結構難しいです。

我こそは!という人は是非撮影して欲しいです。(その時の撮影方法を教えて欲しい)

石造りと木の装飾としめ縄のアンバランス感が好きです。

DSC04819

DSC04820

DSC04827

神社に来ると絶対に撮るもの!

それは『絵馬』『手水舎(ちょうずや)』じゃないですか?

ツエーゲン金沢は金沢のサッカーチーム。今は確かJ2じゃなかった?

DSC04823

DSC04825

境内の中にはガラス張りのお守り販売所があります。

結構綺麗ですよ。

DSC04830

尾山神社の前には『尾山神社前商店街』があります。

結構フォトジェニックな通りなので写真撮影したい人はオススメ。

DSC04837

DSC04839

DSC04846

すぐそばにいたヌッコ。

超警戒しながらでも餌に近寄ってきました。

MFなので動きものは超苦手。ピントも微妙にずれてます。。。

光の具合がちょうどよくて綺麗な写真になりました。(フラッシュ使ってません)

DSC04849

オープンしてから、そば料理だけじゃやっていけないと思ったんですかね。

『と』が後から追加されてました。笑

『そばと料理』なら間口が広がるからなんでもいけますよね。

DSC04854

ソニーのカメラは青が綺麗だと思っているんですが、青壁に青い自転車が都合よく置かれていました^^

DSC04855

モノクロバージョンも。モノクロってあんまり撮らないからまだまだ難しい。

DSC04859

近江町市場に戻ってきて一枚だけパシャり。

なんてことない通用口の風景も開放F1.2で撮影するとかっこよく写ります。

 

 

撮影後のNOKTON40mmF1.2の印象

40mmの焦点距離は自分にとってはちょうどいい感じ。

前日にFUJIFILMのX100Fで撮影していたのですが、X100Fは35mmの単焦点で室内などで撮影するときはちょうどいい感じでしたが、外で撮影するときはちょっと広いかなぁと思っていました。

40mmはそれを補完するちょうどいい焦点距離でした^^

 

最後に

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalは万人受けするレンズではありません。

しかし、写真を一枚ずつしっかりと撮りたい人には最適なレンズです。

そしてクラシカルな外観で冷たくずっしりとくる感触は、眺めながら酒が飲めるレベルです。NOKTONは35mmF1.4も持っているので、そちらは今週の出張に持ち出そうと思っています。

X100Fも含めて、これからどんどん持ち出して撮影していこうと思います。

 

次の記事はこちら

FUJIFILMコンデジX100Fもいいカメラです。

・【レビュー】X100Fをようやくゲットしました!後継機への期待も!

撮影に使ったカメラα7Rⅲの記事はこちらです。

・SONY α7Rⅲは最強ミラーレスカメラ!5つの素晴らしい点

NOKTONについて記事を書いています。

・フォクトレンダーNOKTON『40mmF1.2Aspherical』と『classic35mmF1.4』どちらを買えばいい?徹底比較!

・NOKTONで撮る作例 ーclassic35mmF1.4ー 京都祇園