ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない地元の風景を撮り続ける『ジモグラファー』がお届けする、『できない(ゼロ)』から『できる(イチ)』になるためのブログ!

春の足音 VoigtlanderNOKTON(フォクトレンダーノクトン)classic 35mmF1.4の作例

 

f:id:Studiocedarv:20190303104813j:plain
こんにちは。ゼロイチです。

 

晴れ間が皆無の北陸の冬もそろそろ終わりを告げて、ここ最近は天気がいい日が続いています。

スノータイヤを履き替える人もぼちぼち出てきていますが、私はもう少し待ってから履き替える予定。だって3月にも一度雪降るから。(積もらないけど。)

 

いい天気だったのでソニーのミラーレスカメラα7R3とノクトン35mmを持って散歩してきました。

現代の最高級ミラーレスカメラと昔ながらの写りが定評なマニュアルレンズの組み合わせは、ミスマッチな雰囲気もしますがなかなか面白い写りをするのでオススメです。

今回は作例をただただ並べていく記事なので流し読みしてもらえると嬉しいです。

 

目次

お散歩スタート!

最初は家の玄関に植木から。ここまで寄れます。

四隅のジャワジャワ感は40mmF1.2と似た感じですね。

f:id:Studiocedarv:20190302224352j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302224420j:plain

このレンズは基本開放で撮りたいのですが、日中だとどうしても露出オーバーのハイキーな感じになってしまいます。(あ、Aモードで撮影しています。)

ISOは基本的に100固定(一部拡張の50)です。

f:id:Studiocedarv:20190302224452j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302224525j:plain

40mmF1.2でも撮った構図ですがピントずれてました汗

f:id:Studiocedarv:20190302224553j:plain

四隅は流れているのがよくわかります。

f:id:Studiocedarv:20190302224624j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302224706j:plain

もはやどこにピントが合っているのかわからない状態。笑

f:id:Studiocedarv:20190302224746j:plain

周辺減光もありますがそれがクラシックな写りとなってすごくいい。

f:id:Studiocedarv:20190302224819j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302224915j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302224957j:plain

ピントが合っているところはシャープに。

f:id:Studiocedarv:20190302225029j:plain

f:id:Studiocedarv:20190302225113j:plain

玉ボケはこんな感じ。ちょっと大きめにしてみました。

これは一体何でしょうか?

f:id:Studiocedarv:20190302225153j:plain

正解は瓦でした。^^

f:id:Studiocedarv:20190303095036j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095107j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095132j:plain

区内に4箇所ある神社の一つ。

f:id:Studiocedarv:20190303095204j:plain

苔むした地面に落ちる樹影が気持ちいい。

f:id:Studiocedarv:20190303095235j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095328j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095358j:plain

逆光には弱いので盛大にゴーストが出ます。

なのでこれは少し絞ってます。

f:id:Studiocedarv:20190303095429j:plain

石柱や木の幹の表面をついつい撮ってしまいます。

f:id:Studiocedarv:20190303095525j:plain

どれだけの人がこのベンチを利用したのか。。。

田植え時期に使われるくらいじゃないかな?

f:id:Studiocedarv:20190303095558j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095626j:plain

 

町外れへ

加賀と能登の境目にある大海川沿いを歩きます。

もちろん人っ子一人いません。

f:id:Studiocedarv:20190303095656j:plain

大好きな宝達山と空と。水平取れてませんね。

やっぱり周辺減光ありますがそれもまた良し。

f:id:Studiocedarv:20190303095726j:plain

大海川。

f:id:Studiocedarv:20190303095755j:plain

町外れには大規模な太陽光発電施設があります。(土地だけはあるからね。)

f:id:Studiocedarv:20190303095823j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095853j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303095921j:plain

あえてピントを手前に残して奥をぼかしてみました。

この後奥にピントを合わせた写真も撮りましたが、綺麗に写りすぎて結局消してしまいました。

f:id:Studiocedarv:20190303100103j:plain

ピンボケも許される感じ。写ルンですと似た感じかな?

f:id:Studiocedarv:20190303100131j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303100202j:plain

のと里山海道に到着。

f:id:Studiocedarv:20190303100359j:plain

このトンネルと道路はのと里山海道と並走する自転車道路になるんですが、トンネル内の排水溝がよく詰まって水たまりになります。

走る人は要注意。

f:id:Studiocedarv:20190303100426j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303100453j:plain

トンネルは大好き。

光の反射がいい。

f:id:Studiocedarv:20190303100534j:plain

 

のと里山海道から日本海

のと里山海道をくぐって一旦海で向かいます。

f:id:Studiocedarv:20190303100602j:plain

ボケていてもそれなりに見えるレンズ。

逆に自分が見せたいものを明確にするとしっかりとした写真が撮れる印象です。

f:id:Studiocedarv:20190303100639j:plain

けもの道

f:id:Studiocedarv:20190303100655j:plain

海が見えたー!って自分にとっては毎日見ているのでそれほどでもないけど。

f:id:Studiocedarv:20190303100805j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303100833j:plain

どこにピントを合わせればいいのか迷いながら数枚撮影。

MFじゃなかったらこんな操作しないですよね。

これが写真の勉強になっていると思います。

f:id:Studiocedarv:20190303100901j:plain

海と砂浜はハイキーな写真がよく似合う。

f:id:Studiocedarv:20190303100935j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101004j:plain

砂浜と松林がこの辺の海岸風景。

f:id:Studiocedarv:20190303101034j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101106j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101121j:plain

 

のと里山海道から高松SAへ

のと里山海道の横を自転車道路が走っています。

昔はここをよくランニングしていました。

f:id:Studiocedarv:20190303101150j:plain

SA内に設置されているドッグランを見てしばし癒されていました。

犬ってなんでこんなに可愛いんだろう^^

f:id:Studiocedarv:20190303101219j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101251j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101328j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101358j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101425j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101455j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101522j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101550j:plain

 

高松SAの足湯へ

高松サービスエリアには足湯があります。(上下線どちらにもあります)

今回のお湯はちょっとぬるめでした。

いい気持ち。

f:id:Studiocedarv:20190303101619j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303101653j:plain

お湯は綺麗に透き通っています。

水色のタイルが海沿の足湯とイメージが合っていていい。

f:id:Studiocedarv:20190303101745j:plain

おじさんの足。

f:id:Studiocedarv:20190303101819j:plain

観光客の人も入れ替わり立ち替わりで足湯に寄っていました。

f:id:Studiocedarv:20190303101923j:plain

ちょっとハイキーな感じで。

f:id:Studiocedarv:20190303101954j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102106j:plain

常に豆絞りを持ち歩いているので不意に足湯に入りたくなってもOK!

f:id:Studiocedarv:20190303102134j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102337j:plain

『足湯にはいろうか』とお母さん。

服を脱ぎ出す子ども。笑

子どももここで服を脱ぐと寒いだろ?と疑問に思ったに違いない。

f:id:Studiocedarv:20190303102507j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102537j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102605j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102633j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102659j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102727j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102754j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102821j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102857j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303102911j:plain

こんなところが田舎の風景。

畑で作物に水やりしたいけど水道が来ていないので、いろんなバケツに雨水を貯めています。蚊が発生する原因にもなるんだけどね。

f:id:Studiocedarv:20190303103009j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303103023j:plain

 

看護大前の公園へ

ここまででおよそ4キロくらい歩きました。

ヨーメが帰ってくる時間と合ったので、看護大前の公園で待ち合わせ。

帰りはズルして車で帰ります。

f:id:Studiocedarv:20190303103052j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303103121j:plain

自分の子どもがもっと小さかったら、毎週子どもを連れ出して写真撮ってただろうなぁ。自分の子育て現役時代はα sweet使ってました。もちろんフィルムね。

f:id:Studiocedarv:20190303103147j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303103221j:plain

f:id:Studiocedarv:20190303103249j:plain

この後ヨーメと合流して近くのケーキ屋さんでケーキ買って二人で公園で食べてかえりました^^

WeekDayは心病みそうな辛いこともいっぱいあるけど、こんな何気ない幸せを感じられるいちにちがあるとまた一週間頑張れる。

 

最後に

VoigtlanderNOKTON(フォクトレンダーノクトン)classic 35mmF1.4はどうでしたか?

一瞬フィルムで撮った写真かな?と思えるようなクラシックな写りをするレンズです。

フィルムカメラはフィルム代や現像代がかかって使いにくいなぁと思っている人は、ぜひ一度試してみませんか?

ほっこりすることができるレンズですよ^^

 

次の記事はこちら

ソニーのミラーレスα6400の記事はこちらです。

・ソニーα6400はYouTuberに最適なカメラかもしれない

・ソニーα6400が発売されました 一緒に買いたいアクセサリー7選

・ソニーミラーレスカメラα6400 オススメ レビュー動画4選

FUJIFILMコンデジX100Fもいいカメラです。

・【レビュー】X100Fをようやくゲットしました!後継機への期待も!

撮影に使ったカメラα7Rⅲの記事はこちらです。

・SONY α7Rⅲは最強ミラーレスカメラ!5つの素晴らしい点

NOKTONについて記事を書いています。

・フォクトレンダーNOKTON『40mmF1.2Aspherical』と『classic35mmF1.4』どちらを買えばいい?徹底比較!

・NOKTONで撮る作例 ーclassic35mmF1.4ー 京都祇園

・NOKTONで撮る作例 ー40mmF1.2Asphericalー 金沢

・Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical もうすぐ冬が明ける!α7Rⅲと共に