ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

動画初心者が最初に使う動画編集ソフトはどれ?オススメを紹介!

f:id:Studiocedarv:20190210133834j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

 

動画を始めようと思っている人

  • 家族の動画を作ってみたいけど、動画編集ソフトを選ぶ時に何に注意すればいいの?
  • 動画初心者にオススメの動画編集ソフトってどれなの?

 今回はこんな疑問に応えていきます。

この記事で知ることができること

  • 動画初心者が動画編集ソフトを選ぶ際に気をつけること
  • オススメの動画編集ソフトはこれ 

 

目次

動画を作る時に必要なもの

カメラ

当たり前ですがこれがないと始まりません^^

最近はスマホでも4K動画が撮れるようになってきているので、動画撮影のハードルがすごく低くなりました。

スマホでも驚くほどキレイな動画が撮れます。私が参考にしていたのはsumizoonさんのこちらの動画です。

www.youtube.com

iPhone6で撮影された動画ですが、私たちが普通にスマホで撮影している動画と雰囲気が違いませんか?

こんな動画を撮影するにはちょっとしたコツが必要になるのですが、それはまた別の記事で紹介したいと思います。

私が今一番オススメしている動画カメラはDJIから発売されているOsmoPocket(オズモポケット)です。最近の動画は全てこちらで撮影しています。

 

PC・スマホ

撮影した動画を編集するためにPCが必要になります。最近ではスマホ上でも動画編集ができるようになりました。

4K動画を編集しようと思うとそこそこな高スペックマシンがないと編集がもたつくこともあります。また4K動画は編集に時間がかかるのと同時に、データが重くなるのでPCのストレージ(保存領域)も圧迫してしまいます。

 

そこで私がオススメしたいのでは『4Kで撮影しない』こと!

 

映像の解像度を表しているのですが、4Kが3840×2160の解像度になりますがFHDはその半分の1920×1080の解像度になります。

FHDでも十分にキレイなので、PCやHDDなどの作業環境を改善する必要のある人はまずはFHDから始めてもいいと思います。

ちなみにこの動画はFHDで撮影しています。十分キレイだと思いませんか?

www.youtube.com

動画編集ソフト

撮影した動画を編集して一本の動画に仕上げるためのソフトです。

雑誌の付録についてくるようなものから、無料版、数万円する有料版までいろいろなものが世の中でに出回っています。

どれを選らんだらいいのかわからない人は多いと思いますが、動画編集ソフトを選ぶ際に気をつけることを次にまとめていきます。 

 

動画初心者が動画編集ソフトを選ぶ際に気をつけること

無料であること

新しいことを始めるときにいきなり数万円も投資するのは怖いですよね。

まずは無料ソフトでどんなことができるのか試してみながら始めたいもの。

無料であることは正義です。

某有名YouTuberが使っているソフトを使ってみたい!と思っている人は別ですが、まずは無料版をゲットして実際に触ってみましょう。

操作が簡単であること

実は動画編集の流れってどの動画編集ソフトもそんなに大きくは変わりません。

  1. 素材となる元動画を取り込む
  2. 動画を並べて長さを調整する
  3. 必要に応じてBGMをつける
  4. タイトルをつける
  5. 色味を調整する
  6. 一本の動画に書き出す

この流れで作業が進んでいくのですが、大きな流れさえ理解していればどのソフトを使ってもそれほど苦にはならないと思います。

逆に言うとどれだけ初心者向けのソフトであっても上記の流れは理解していないと使い始めは苦労するかもしれませんね。

無料ソフトの中には、5番目の色味の調整ができないものもあるので注意しましょう。

拡張性があること

これはつまり

  • 将来高機能な作業をしたいと思った時に有料版などの受け皿があること
  • 随時アップデートなどをしてくれること
  • 他データとの互換性があること

などが挙げられます。 

動画を作り出すと、あんなこともしたい、こんなことができないのか、とやりたいことが増えてくるものです。

雑誌の付録についてくるような無料ソフトだと、アップデート非対応だったり他の編集ソフトにデータを持っていけないなどの問題を抱えている場合があります。

初心者の方には判断がつきにくい部分ではありますが、いろいろな情報を入手して拡張性がある動画編集ソフトを使うようにしてください。

 

オススメ動画編集ソフトはこれ!DaVinciResolve(ダビンチリゾルブ)!

私もYouTubeチャンネルを持っていて、20本ほどの動画をアップしています。

www.youtube.com

色々な動画編集ソフトを使った私の経験からオススメする動画編集ソフトはこちら。

 『DvinciResolve(ダビンチリゾルブ)』

DaVinciResolveとは

f:id:Studiocedarv:20190210145524j:plain

BlackmagikDesign(ブラックマジックデザイン)と言うオーストラリアの映像機器メーカーから用意されている動画編集ソフトです。

動画編集の流れがこのソフト一本で全てできるオールインワンタイプ。

DaVinci Resolve 15 | Blackmagic Design

Mac版もWindows版も用意

昔はデザイン系のソフトはMacしか使えなかったことが多かったですが、最近では普通にWindowsでも使えるようになりました。

ユーチューバーのHIKAKINさんはappleのFinalCutProX(以下FCPX)を使っていますが、Mac版しかないためWindowsでは使うことができません。

DavinciResolveはMac版もWindows版も用意されているので、誰でも気軽に使い始めることができます。

無料版と有料版がある 

有料版は35,000円ほどするもので、まさにプロ使用にも耐えるような素晴らしい機能がたくさんあります。

でも私は無料版を使っていますが、機能について不満がなく使えています。

動画初心者の方はDaVinciResolveの無料版をダウンロードして、上級者になったら有料版(DaVinciResolveStudio)を購入すればいいと思います。 

(私の力量だとまだまだ有料版はいらないですね^^;)

定期的に無料アップデートがある

私がDaVinciResolveを使い始めたのはバーション12の頃だったと思います。

今はバージョン15まで進化しました。

アップデートのたびに使い勝手の向上や新機能が搭載されて、どんどん満足度が上がっているイメージです。

無料でここまでできていいの?と思ってしまうようなサポートで大助かりです。

高い互換性

プロ使用に耐えるソフトだと言いましたが、高い互換性はまさにプロ向けのソフトであることの証です。

主要な他動画編集ソフト間を行き来することができます。

将来、他の動画ソフトを使うことになってもデータをそのまま移行できるのは本当に嬉しいですよね。

もっと早くDaVinciResolveに出会えばよかった 

 私はappleiMovieから始まって、FinalCutProXを経由してDaVinciResolveに出会いました。FinalCutProXは30,000円で購入しました。

 Macを使っていたのでiMovieで動画を作り始めたのですがYouTubeなどで見るようなエフェクトやタイトルなどが作れないことに不満が募って、思い切ってFinalCutProX導入を決めました。

動画を編集する分については全く不満はなかったのですが、動画の色味についてカメラの性能に依存することが多くて、どぎついコントラストの映像になってしまったり、思ってたような色が出せなかったりと、カラーコレクションの面で不満が出てきました。

DaVinciResolveは色味調整の分野では昔から有名なソフトだったのですが、バージョン12あたりから動画を編集するソフトとしても優秀になってきたので、思い切ってDaVinciResolveに乗り換えました。

今なら、すぐにDaVinciResolveを使い出していただろうし、iMovieやFinalCutProXに対して感じた不満はなかったと思います。(もちろんどちらも素晴らしいソフトなんですけどね。。。)

 

そんな自分の経験があるからこそ、これから動画編集を始める人にはDaVinchiResolve(ダビンチリゾルブ)を全力でオススメしたいです。

無料なので騙されたと思って一度試して見てくださいね!

 

次の記事はこちら

ゼロイチ動画塾と称して動画を『作れる』ようになるための記事をアップしています。

・【ゼロイチ動画塾】初心者シリーズ!まとめ Davinchi Resolve

DJIから発売されているOsmoPocket(オズモポケット)で撮影した動画の作例集です。

・OSMO Pocketで撮る 動画作例集

OsmoPocket関連の記事です。

OsmoPocket カテゴリーの記事一覧