『すぎっち』のジモログ

地元ラブに生きるジモグラファーのカメラのこととか

 

日常のどんなシーンにも活躍するFUJIFILM X100V【2021年7月の作例】

X100V 作例

こんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。
手元にあるカメラがどんどん変わっていってます。最近ではメインカメラにしてたSONY α7Sⅲを手放してハッセルブラッド907X50Cに変えたり。それでも手元に残っているのは本当に大好きなカメラFUJIFILMのX100V。

そしてX100Vはただ飾っているのではなく毎日カバンに入れて持ち歩いています。さらに持ち歩いているだけでなくスマホの代わりに毎日撮影しています。
私が具体的にどんなシーンで撮影しているのか、7月の作例とともに紹介したいと思います。

FUJIFILM X100Vについてはこちらの記事を

www.01dougajyuku.work

 

X100Vは日常を写すカメラ

いつもカメラを持ち歩いているというとよく聞かれるのが「何を撮ってるの?」ということ。「何」なのかは明確には答えられませんが、あなたがスマホのカメラを向けて「撮りたい」と思ったものを、私はX100Vを使って撮っていると考えれば近いかもしれません。
いや、それよりもさらに撮っているかもしれません。それは何気なくシャッターを押しても雰囲気のあるいい写真が勝手に撮れてしまうから。だからX100Vを持っているとなんでも撮ってしまうんです。

「持ち歩ける」カメラじゃなくて「持ち歩きたくなる」カメラ

X100V 作例

勘違いしている人は多いですが、いつも持ち歩ける小さいカメラだからと言っていつも持ち歩くわけではありません。
どんなに小さなカメラでも重さは数百グラムあるので、カメラがない方が荷物は軽くなるしかさばらない。いつも持ち歩くためのカメラとしてとにかく小さなカメラを探している人はその内持ち歩かなくなることが多いです。

常に持ち歩くためには小さいことは必須ですが、それ以上に必要なのは「撮りたくなる」カメラであること。スマホのカメラだと撮りたいとは思わないけど、何か素敵な写真が撮れそうだと思わせるカメラ。そんなカメラが常に持ち歩けるカメラになります。

さらに機能的にいい写真が撮れるだけでなくかっこいいカメラであることも必須。カバンを除いたときにふとカメラが見えてにやけてしまう、そんなカメラじゃないと持ち歩かないですよね。

FUJIFILM X100Vはまさにそんなカメラ。シャッターを押した瞬間に感動を与えてくれるカメラでありながらかっこいい。そしてカバンに入れて持ち歩けるギリギリのサイズ。kの絶妙なバランスで成り立っているのがX100V

note.com

 

7月にX100Vで撮った作例

FUJIFILM X100Vで実際に撮影した写真を紹介します。

一枚めは私の部屋のカーペット。X100Vかっこいいなぁって思いながらサワサワしてる時に撮った一枚。撮れた写真がいちいちかっこいいから困りもの。

X100V 作例

7月初旬はFUJIFILMのサービスで中判カメラのGFX100Sを触ってました。そんなGFX100SのハンズオンもX100Vで。もうなんでも撮ってます。

X100V 作例

休日に近くのカフェまで行った帰り。立体駐車場に面白い影ができていたのでX100Vで。多分X100Vを持っていなかったら撮らなかった一枚。

X100V 作例

X100V 作例

他県へ出張した際に打ち合わせと打ち合わせの間に20分ほどの時間ができた時。X100Vで神社の池で撮影。20分ってカフェに入るには短いけどちょっと持て余す時間。そんな時もX100Vがカバンの中にあったので充実した時間を過ごせました。

 

X100V 作例

知多半島の先っちょに日の出を撮影に行った時。ハッセルブラッド500CMとSONY α7Sで撮影しようと思っていたんですが、カバンの中にX100Vも入っていたので合間に何枚か撮影。

X100V 作例

FUJIFILMはとにかく色がきれいに出るので大好き。もちろんこれらの写真は現像で編集していますが、大きな編集をしなくてもしっかりと表現できるから嬉しい。

X100V 作例

少しずつ夜が明けていく風景を狂ったようにカメラに納めていく。

X100V 作例

日の出に向かって撮影するとき、スマホでは絶対に無理でコンデジとはいえAPS-Cセンサーを搭載しているX100Vならではのわざ。

X100V 作例

デジタルテレコンで70mmまでズームできるので切り取りたいところを選んで撮影できるのもいい。ズームできることで他のレンズを持ち歩かなくてもX100V一台あれば大概のシーンは撮影できちゃう。

X100V 作例

ガチの風景だけでなくこんなワンシーンもサクッと撮れちゃう。小さなカメラだから被写体に威圧感を与えないのもいい。

X100V 作例

とにかくたくさんシャッターを押してしまうのでX100Vの唯一の悪いところ。

X100V 作例

X100V 作例

緑のシーンではクラシックネガがかっこいいと思う。

X100V 作例

動きものは得意じゃないけどこの距離の電車だったら難なく撮れちゃう。青い空と青い電車の対比がかわいかった一瞬。

X100V 作例

カメラを持つようになると道端の花垣になるようになります。ハスの花なんてこれまで気にもしてなかったのにカメラを持つようになってからお気に入りの被写体に。

X100V 作例

もちろん飲み会の時も撮ります。初めの一杯は金星派です。小さなカメラなので飲み会の間も机の上に置いておいても邪魔にならない。

X100V 作例

夕方涼しくなってから散歩に出かけた日。いい感じの夕日が当たっていたから。なんでもない風景なんだけど、数年後にみたら懐かしくなるんだと思う。そんな写真を撮れるのは大きなカメラじゃないんだよ。

X100V 作例

X100V 作例

X100V 作例

X100V 作例

実は最近ランニングを再開してて左手にスマホ、右手にX100Vを持って走ることも。ガチで走るにはちょっと重いけど、ゆっくり長く走るLSDにはなんとか持っていけるカメラ。(理想はRX100くらいのサイズ感がいいけど)

X100V 作例

これ以外にもたくさん写真は撮ってるけど、オープンにできない写真が多くて掲載できないのが残念。
でも呼吸するようにシャッターを押せるのがX100Vの強みだと思う。本当にこのカメラと出会えて良かったと思う。
今のカメララインナップに落ち着いたのも、いろんなシーンで活躍してくれて、いつも持ち歩けるX100Vが存在してくれるから。その理由は改めて別の記事で説明したいな。 

 

まとめ

FUJIFILM X100Vは今の私にとってなくてはならないカメラ。旅行に一台だけカメラを持っていくとするなら多分X100Vになるんじゃないかな。

特にこの記事で人気のX-E4と比較してるけど、両方を比較して使ってみると多くの人はX100Vに満足するんじゃないかって思ってる。

www.01dougajyuku.work

「だまされたと思って買ってみて!」と言って誘惑した人はみんなX100Vの大ファンになっているし大満足しているので、あなたもぜひ騙されたと思ってX100Vを使ってみてください。期待は裏切らないと思いますよ。