ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

【ゼロイチ動画塾02】動画にBGMをつけてみよう!Davinci Resolve

f:id:Studiocedarv:20181030204650j:plain

こんにちわ。

ゼロイチ動画塾を運営しているゼロイチです。

 

ゼロイチ動画塾は、『全く動画を作ったことのない素人が、動画を作れるようになる』ためのページです。

バリバリ動画を作っている人にとっては当たり前の情報かもしれませんが、よくわからないけどとにかく一度動画を作ってみたいという人にとって、必要となる情報をわかりやすくお伝えしています。

 

 

【ゼロイチ動画塾01】まずは簡単な動画を作ってみる!では

タイトルのまんま、簡単な動画を作ってみました。

それだけでも家族旅行などの動画としては十分かもしれませんが、できるならばもう少しおしゃれな感じにしたいですよね。

 

そんな時に大活躍するのがBGMです。

動画の後ろに音楽を流す手法になります。

 

 

目次

 

今後の予定

記事は次の順番で公開していきます。

 00.おしゃれな動画を作ってみたい!

 01.まずは簡単な動画を作ってみよう!

 02.BGMをつけてみよう!←今回はこの記事になります。

 03.タイトルをつけてみよう!

 04.動画の前後にトラジションをつけてみよう

 05.音量を調整してみよう

 06.色の調整をしてみよう

 07.書き出しの設定をしてみよう

 

 

BGMを選んでみよう!

最初に動画につけるBGMを選んでみましょう。

 

SNSに動画を出すときは著作権の問題には気をつけて!

作った動画を仲間内で楽しんで見る分には問題ありませんが、SNSなどにアップロードしようとする場合にはBGMの著作権を確認してください。

家族で楽しむ分にはアーティストの音楽でも問題ないので、まずは手持ちの音楽データを使って動画を作ってみることでもいいですよ! 

 

フリー素材のBGMwo探してみる!

アーティストが作成した音楽などは著作権があるため、例えばYouTubeなどにアップロードするためには著作権法をクリアする必要があります。

ここまで、出来るだけコストをかけずに動画を作ろうとしているあなたにとって、著作権法をクリアするのは大変ですよね。

 

そんな時にも私もよく使っているのが無料のBGMを提供しているHPです。

著作権フリーで利用することができます。

参考HP

※一部HPのBGMについては著作権が発生するものもありますので各HPの記載内容を十分に確認してください。

色々なタイプのBGMgaありますのでじっくりと吟味してみましょう。

 

YouTubeのクリエイターツールは優秀!

YouTubeをよく見る人はYouTubeのご自身のアカンウトを持っているでしょう。そんな人にお勧めなのがYouTubeクリエイターツールです。

オーディオライブラリーにたくさんの動画が格納されておりどれも著作権フリーとなります。(一部帰属表示が必要なBGMあり)

ジャンルや気分、楽器や長さでソートすることができるため、使いたいBGMを探し出すことができます。

私の作例として参考に乗せている動画もYouTubeから探し出しました。

 

BGMを動画データに貼り付けてみよう!

BGMを選んだのなら早速、動画に貼り付けてみましょう。

【ゼロイチ動画塾01】まずは簡単な動画を作ってみる!で作った動画にBGMを配置しましょう。

 

 

BGMの取り込みは動画を取り込んだ時と同じ!

BGMのデータも動画と同じやり方でタイムラインに取り込むことができます。

BGMのデータはMP3という形式になっているかと思います。

【ゼロイチ動画塾01】まずは簡単な動画を作ってみる!を参考にBGMをタイムラインに配置してみましょう。

赤線で囲まれているのがBGMのデータです。

それを選択し、右下のエリアにドラッグしましょう。動画の音声データの下にドラッグするようにしましょう。f:id:Studiocedarv:20181030210157j:plain

このように動画の音声データの下に新たにBGMのデータが配置されました。

f:id:Studiocedarv:20181030210201j:plain

動画データが始まるタイミングを遅らせてみよう!

私が選択したBGMはスタート時は音が小さいため、音が大きくなるタイミングと動画がスタートするタイミングを合わせるために、動画データの位置を変更したいと思います。

赤線内の動画データをドラッグして全て選択します。

そのまま少し右側にドラッグして移動してみましょう。

BGMは流れますが動画が映るタイミングを遅らせることが可能になります。

f:id:Studiocedarv:20181030210205j:plain

BGMデータの長さを調整しよう!

動画データの長さに対してBGMのデータが非常に長くなっています。

これでは後半のほんとどが映像が流れないけどBGMだけ流れる不思議な動画となってしまいます。

そこでBGMの長さを短くしましょう。

赤線内矢印の先をクリックし左側へドラッグしましょう。

そうすることでBGMの長さを短くすることができます。ちなみにこの操作ではBGMのスピードが変化するわけでなく、BGMをトリミングするようなイメージになります。

つまりBGMが短くなる(途中で終わる)イメージだと考えてください。

f:id:Studiocedarv:20181030210208j:plain

f:id:Studiocedarv:20181030210216j:plain

自由な位置に動かすために磁石マークをクリック!

動画を移動させたり、BGMの長さを調整するときに思った位置に動かすことができずイライラしたかもしれません。

それは移動した先が、他の動画の始まりや終わり、またはマークされた位置(マークについては後日別記事にします)に自動的に合わせる設定になっているためです。

その設定を解除するには、赤線内の磁石マークをクリックしましょう。磁石マークの色々がなくなったら自動的に位置を合わせる設定は解除されています。自由な位置に設定可能となっています。

f:id:Studiocedarv:20181030210223j:plain

 

 

BGM貼り付け完成!

これで動画をくっつけただけだったものに、BGMが流れるようになりました。

どうでしたか?さっきまで何気ない動画だったものが急におしゃれになりましたね。

BGMの効果は絶大で、普通にみているとなんでもない動画なのに、BGMがあると感慨深い動画に変わるのです。

f:id:Studiocedarv:20181030210226j:plain

最後に

BGMを配置する方法はどうでしたか?

やってみると意外と簡単でしょ?

これでも十分おしゃれだけど、次の記事ではタイトルなどの文字を貼り付ける方法をまとめる予定です。

楽しみにしてくださいね^^

 

 関連動画

 00.おしゃれな動画を作ってみたい!

 01.まずは簡単な動画を作ってみよう!

 02.BGMをつけてみよう!←この記事になります。

 03.タイトルをつけてみよう!

 04.動画の前後にトラジションをつけてみよう

 05.音量を調整してみよう

 06.色の調整をしてみよう

 07.書き出しの設定をしてみよう

 

 

 

最終目標の動画

最終的にはこんな動画を作れるようになりますよ!


Photowalk in Kitakawashiri とある秋の風景