『すぎっち』のジモログ

地元ラブに生きるジモグラファーのカメラのこととか

 

【VLOG】SIGMA fp x SONY a6400 x VLOG

SIGMA fpこんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。 
SIGMA fpとSONY a6400を使ってVLOGを撮影しました。(撮影したのは3月上旬だったのですが、モデルさんとの約束で公開が7/1になりました。)
とてもいい動画に仕上がったので是非みていただきたくて記事にしました。

www.01dougajyuku.work

 

撮影時の状況

VLOGを撮影するために出かけたのではなく、別用で一緒に外出した際に撮影しました。なので撮影機材もジンバルなどは使わずに手持ちで撮影しています。

SIGMA fpの設定

撮影日が3月上旬だったためSIGMA fpの神アップデート前の状態でした。
FHD 60fpsのMOVで、絞り優先モードで撮影しています。電子手ぶれ補正は入にしカラーモードはT&Oとしています。レンズはキットレンズの45mmF2.8DG DNです。
全体的に凝った設定はしておらずほぼSIGMA fpを買ったまんまの設定ですね。

SONY a6400の設定

a6400もfpとほぼ同じ設定です。
FHD 60fpsのmp4の絞り優先モードで撮影しています。a6400は手ぶれ補正がないので手持ちで頑張りました。レンズはマウントアダプターを使ってオールドレンズのCONTAX Planar 50mm F1.4を使いました。a6400自慢のAFは効かないためMFで撮影しています。またa6400はAPS-Cセンサーのため35mm換算で75mm程度の中望遠になっています。
またピクチャープロファイルの設定はしていません。(クリエイティブモードはスタンダード)

sigma fpとSONY α6400で撮影したVLOG

実際に二つのカメラを使って撮影したVLOGはこちらのリンクからどうぞ。
2分弱の短い動画なので是非最後まで観てもらえると嬉しいです。

 

動画の説明

一度動画を観ていただいた前提で撮影カメラの内容や撮影のコツなどについてご説明します。

撮影カメラの使い分け

先に説明した通り今回はSIGMA fpとSONY a6400の2台を使って撮影しました。
基本的にはSIGMA fpで撮影しており、SONY α6400はMFのオールドレンズを使っていたためポイントで使用したイメージです。

動画の中では0:46頃から1:02頃までがa6400で撮影した動画です。

動画のサイズとfpsの選定

個人的には現在の再生デバイスの環境を考えるとまだFHDでも十分だと思っているので、今回は撮影時もFHDでのぞみました。
また4Kを選択した場合60fpsを選ぶことができなかったのも理由の一つになります。
その理由については次に説明します。

フレームレートに関してはこちらの記事もご覧ください。

www.01dougajyuku.work

手ぶれ補正への対応

別用があってついでに撮影したVLOGのためジンバルなどの手ぶれ補正デバイスは使っていません。そのため極力手振れを抑える工夫をしています。
今回は60fpsで撮影し動画編集時に動画速度を1/2に落とすことで手ブレがわかりにくい工夫をしています。(書き出しは30fps)

カラグレの対応

カラーグレーディングはほとんどしていません。ホワイトバランスの調整や露出調整を少ししている程度です。
カラグレ及び動画編集はダビンチリゾルブ16(無料版)を使っています。
ダビンチリゾルブは無料なのに使える機能が満載です。PCのスペックさえ気をつければ全員ダビンチリゾルブでいいんじゃないかと思うほど。

こちらの記事でもダビンチリゾルブをオススメしています。

www.01dougajyuku.work

SIGMA fpを使って気になったところ

実際にVLOGを撮影、編集した際に気になったところをいくつか。

AFが迷うシーンがいくつかある

いつもソニーのカメラを使っているのでもしかしたら期待値が高すぎるのかもしれないのですが、SIGMA fpで撮影していたシーンでAFが迷う場面がいくつかありました。
OKシーンでもピントがフワフワしている場面があるので、今回のファームウェアアップデートでAF性能が向上していることに期待したいです。
このシーンではピントが奥に抜けてしまっています。
印象的なシーンで外したくなかったのと、結果的にピントが抜けている部分とモデルの動きが合っていたので採用しました。

SIGMA fp

電子手ぶれ補正はそこそこ効く

SIGMA fpには電子手ぶれ補正がついているので今回採用しました。Lマウントレンズにはレンズ側に手ぶれ補正がついているものもありますが、今回撮影に使用したレンズにはついていなかったため手振れについては心配していました。
結果としては電子手ぶれ補正はそこそこ効いてくれたと思います。
このシーンは私が後ろに下がりながら撮影していますが、思ったほど手ブレは気になりませんでした。

SIGMA fp

フルサイズセンサーの粘り

SIGMA fpはフルサイズセンサー2400万画素を搭載しています。
ピクセルあたりのサイズが大きいからなのが、編集時の調整にも比較的粘ってくれた印象でした。
このシーンは夕暮れ時の撮影だったので失敗して暗めの露出で撮影してしまいました。
ダビンチリゾルブで露出を持ち上げているのでが映像としては破綻しないレベルで持ち堪えてくれました。

SIGMA fp

この動画を撮影してから3ヶ月以上経過しましたがその間にSIGMA fpをたくさん使い込んできました。

www.01dougajyuku.work

SIGMA fpの特性や癖も少しずつわかってきたので、できればもう一度VLOGを撮りに行ってみたいです。もう少し上手に撮影できるような気がします^^;

 

最後に

今回のVLOGはモデルさんの魅力もあってとても素晴らしいVLOGになったと思います。(あとは自分の腕だけ。。。)
今回撮影に使ったカメラはアマの人がVLOG撮影に使うのに最適なカメラたちだと思います。
この動画と記事をみて気になった人は是非下のリンクからSIGMA fpとSONY α6400の購入を検討してみてください。