Living photos 01

日常生活や暮らしを撮り続けるブログ!

 

ソニーα6600のことを考えていたらα6400がベストバイのような気がしてきた!

f:id:Studiocedarv:20200103114053j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

はい、わかってます。私、フルサイズじゃないと満足できない身体なんです。APS-Cカメラは持っててもあまり使わないのも知ってます。

でも欲しいと思ってしまうんです!そう!ソニーAPS-Cカメラが!

そんな欲求を抑えるためにソニーAPS-Cカメラ漁りをしていたらα6400がベストバイのような気がしてきたので記事にまとめました。



 



はじまりはα6500の後継機α6600をターゲットにしてた

APS-C機を漁りはじめたときはAPS-Cカメラのフラッグシップ機α6600を見ていました。α6600は手ぶれ補正がついて、バッテリーも強化されている弱点がないカメラ

いいカメラだなぁ。と思いながらスペックや作例を見ていて、最後に価格ドットコムで値段を確認して驚きました。ええ、知っていましたよα6600が高いのは。。。

2020.01.03現在で最安値が約15万円!最安値ですよ。。。涙

ありえないくらい高いですよね?

静かにそっと価格ドットコムのページを閉じました。。。



α6600の手振れ補正とバッテリー強化必要?

そもそもα6600の手振れ補正とバッテリーって必要?

α6500も以前持ってたけど、動画撮影時に思ったよりも手ぶれ補正が効かなくて手放した過去がある。

αシリーズの手ぶれ補正は動画用というよりも写真用なんだろうね



バッテリーは同じく強化されたα7RⅢを使っていて快適なことは知っているけど、毎回充電しなくてもいいのがメリットで、通常の撮影でバッテリー1本なくなることはあまりない。

あったらありがたいけど、なくてもなんとかなる機能ならなくしてその分安くゲットしたいよね



 



α6400があるじゃない!6600とスペック比較

手振れ補正とバッテリー強化がないモデルを探していたらあるじゃないかい!α6400が!

▼α6600とα6400のスペック比較表は次のとおり。

 

α6600

α6400

有効画素数

2420万画素

ISO感度

100-32000

AF測距点数

425点

AF速度

0.02秒

瞳AF

人物/動物/動画

人物/動物

ボディ内手ぶれ補正

5.0段/5軸

×

AFトラッキング

リアルタイムトラッキング

メカ連写速度

11コマ/秒

バッファ枚数

JPEG 116枚

ファインダー

235.9万画素

本体材質

マグネシウム合金

マグネシウム合金

高剛性プラスチック

バッテリー

NP-FZ100

NP-FW50

4K(HDR)

○(HDR対応)

質量

503g

403g

α6400は瞳AFが動画で使えないデメリットはあるけど、絶対に必要じゃない機能だから我慢できる。

本体の材質はα6400が確かに安っぽく感じるけど、その分質量が100gも軽くなってるんだからメリットって考えてもいいかも。

なんだ!α6400でいいじゃないか!

恐る恐るα6400の価格ドットコムを確認してみると。。。10万円前後で買える!α6600と5万円の差!!APS-C用レンズだと単焦点一本買えるレベルだよね!

▼そういえば以前こんな記事でα6400を絶賛してた汗

www.01dougajyuku.work



APS-Cカメラはα6400がベストバイ!?

新しいカメラが一番いい!と思い込んでいる人はもう一度冷静になって考えると、α6400がベストバイカメラじゃないかな?α6400は知り合いが持ってるから今度少し借りて作例撮ってみようっと!



でももう少し冷静に考えてみると10万円もちょっと高い?もう少し安いAPS-Cカメラはない?てな感じでまた悩み出すのでした。。。

いつかはAPS-Cカメラゲットというゴールにたどり着きたい!



 



最後に

見れば見るほどα6400がいいカメラに思えてきます。逆にいうとα6600が想像以上に高すぎる気もする。。。(ソニーさんちょっと強気すぎる)

個人的にはこの後にAPS-Cカメラのフラッグシップ機α7000が登場することを想像しているので、それを待ってからα6600をゲットするのもありなのかもしれない。。。

▼α6400購入を決めた人は必要なアクセサリー関係も一緒に購入してね!

www.01dougajyuku.work