ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない地元の風景を撮り続ける『ジモグラファー』がお届けする、『できない(ゼロ)』から『できる(イチ)』になるためのブログ!

ソニーα6400が発売されました 一緒に買いたいアクセサリー7選+α

f:id:Studiocedarv:20190222210415j:plain



こんにちは。ゼロイチです。
α6400が発売されました。
絶妙なスペックで痒いところに手が届くカメラに仕上がったと思います。
今回はα6400を購入するときに一緒に購入してほしいアクセサリ関連を紹介します。

 

α6400と一緒に購入したいアクセサリー

α6400と一緒に購入したいアクセサリーを紹介していきます。

必ず必要なものから、あればいいものやあればさらに便利になるものがあります。

一度に全部揃える必要はないので時々この記事を確認して予算に余裕があるときに購入してください。

液晶保護フィルム

背面モニターのガラス部分にはる保護フィルムです。
傷が付くことを防ぐだけでなく、コーティングが剥がれることも防いでくれます。
(実際に私は背面液晶のコーティングが剥がれてきて泣きそうになったことがあります。)

SDカード

写真を記録するためにSDカードは必須です。
高画質な動画を撮影するときは、class10以上のカードが必要となり、記録品質によってはUHS3以上のカードが必要になります。
ちなみに私はα6500を使っていたときは64GBのカードを使っていましたが、容量がいっぱいになって記録できなくないということはなかったですね。
32GBを2枚買うのもありかもしれません。
また最近ソニーから超タフなSDカード(語彙力低くてすみません。。。)も発売されています。
すごく高いですが品質はいいSDカード。気になった方は購入してみてはいかがでしょうか。私も近日中に購入する予定です。

 

予備バッテリー

α6400のバッテリーは旧型のバッテリーNP-FW50が使われていますが、丸一日撮影しようと思うと足りなくなります。ぜひもう1個購入しましょう。
ただしソニー純正のバッテリーは高いんですよね。涙
本当は純正品を購入してほしいですが、どうしてもという人は自己責任でサードパーティーをどうぞ。私も使っていましたが不具合は特になかったですね。
あ、でもUSB充電も可能なので撮影場所を移動中にモバイルバッテリーで充電することも可能ですよ。

モバイルバッテリー

スマホの普及でみんな一つは持っているかもしれませんが、モバイルバッテリーは用意しておきましょう。
オススメなのはAnker(アンカー)のPowerCoreFusion500というモデルです。
モバイルバッテリーにプラグがついているのでそのままコンセントに差し込んで充電することが可能です。

レビュー記事を書いています。参考にしてみてください^^ 

www.01dougajyuku.work

キットレンズ以外のレンズ

初めてカメラを買う人はレンズキットのセットを購入されると思います。
でもできればもう一本レンズを買いませんか?それも単焦点レンズを。
オススメなのはシグマの56mm F1.4 DC DNという単焦点レンズです。
ファインダーをのぞいた時におーっ!という声が漏れること間違いなしのレンズです。
単焦点レンズではありませんが、広角ズームレンズもおすすめです。
軽量コンパクトなのに写りが非常に優秀だと評判です。常にα6400につけておきたいレンズですね。

レンズ保護フィルター

レンズ表面に傷がつかないように保護するフィルターです。
レンズの径ごとに種類が分かれているので気をつけてください。
キットレンズや私がオススメするシグマの56mm F1.4 DC DN対応の保護フィルターはこちらです。

三脚

これはなくてもいいのですが一本あると撮影の幅が広がるので予算に余裕のある人はぜひ購入してください。
私は夜の星空を撮影するのですが、そんなときは必須のアイテムになります。
α6400は軽いカメラなのでそれほど大型の三脚は必要ありませんし、今回私が紹介するミニ三脚でも十分撮影可能です。
ご自身の使い方と予算に合わせて購入してください。

シューティンググリップ

これもはなくてもいいものですが、せっかく背面ディスプレイが反転するα6400なので、自撮りができるシューティンググリップをゲットしてみてはどうでしょうか。
グリップスタイルだけでなく三脚スタイルにもできるので様々な使い方が可能です!

f:id:Studiocedarv:20190503220740j:plain

グリップスタイル

f:id:Studiocedarv:20190503220805j:plain

グリップスタイル(自撮り)

f:id:Studiocedarv:20190503220821j:plain

三脚スタイル
手元でシャッターを切ることもできるのでオススメです。

ジンバル

α6400は手ぶれ補正がついていません

写真を撮影するだけなら気にならないかもしれませんが、動画を撮影するときには手ブレは何とかして抑えたいところ。そんなときに大活躍なのがジンバルです。

ジンバルにカメラを乗せて撮影するのですが、電動モーターで強制的に手ブレを抑えることができます。

RX100m6をジンバルに乗せて撮影した動画となりますが、手ブレのないヌルヌル動画が撮れます^^

www.youtube.com

最近はジンバルも小型化および低価格化が進んでいるので試しに買ってみるのもアリですね。

ストラップ

本体購入時にネックストラップが付いていますが、非常に軽量なカメラα6400なのでネックストラップではなくハンドストラップもどうですか?
オススメなのはピークデザインのハンドストラップ カフ。
ピークデザインはアンカーリンクスという部品をカメラに取り付けることで、ストラップを気分に合わせて簡単に付け替えられるようになります。
ピークデザインは通常のストラップもあるので気分で付け替えることができます。

メンテナンス用品

意外と忘れがちなのがメンテナンス用品です。ミラーレスカメラはレンズやセンサーにゴミが付きやすいのでこまめに清掃してあげないといけません。そうしないとせっかくいいカメラとレンズを持っているので、写る写真はゴミがたくさん写った残念なものになってしまいます。必要最低限のものだけでいいので揃えておきましょう。

ブロワー

レンズなどの表面についたゴミを風の勢いで吹き飛ばす道具です。

まずは1000円程度の安いものを買っておきましょう。

Kenko クリーニング用品 パワーブロワー ブラシ付きタイプ シリコン製 ブラック KPB2-WB BK

クリーニングクロス

ブロワーで埃を飛ばした後に油成分などを拭き取るためのクリーニングクロスです。

メガネ用のクロスで代用してもいいですね。

こちらも決して高いものは必要ありませんが一枚は持っておくようにしたいですね。

HAKUBA トレシーニューソフト L ライトブルー KTR-B24

最後に

α6400は絶妙のスペックで私たちの要求に応えてくれているカメラです。
私も下記の記事をまとめています。
今回紹介したアクセサリーとともに素敵なカメラライフを過ごしてくださいね。

 

次の記事はこちら

ミラーレスカメラではなくコンデジになりますが、ソニーRX100m6もコンパクトでありながら高画質の魅力的なカメラです。作例を紹介していますのでご覧ください。

www.01dougajyuku.work

ソニーα7R3で撮影した写真もアップしています。

ブライダルシーンで最近購入したGMレンズで撮影した作例としてアップしていますのでご覧いただけたら嬉しいです^^

www.01dougajyuku.work