ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない地元の風景を撮り続ける『ジモグラファー』がお届けする、『できない(ゼロ)』から『できる(イチ)』になるためのブログ!

久しぶりの写ルンです!デジカメと違ってなんとなくエモい!

f:id:Studiocedarv:20180818205739j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

写ルンですを持って会社の同僚の家へバーベキューに行ってきました。

専用カバーの記事はこちら

www.studiocedar.life

写ルンですを使うのは久しぶり。

昔は、『高感度タイプ』とか『パノラマ撮影タイプ』とか色々ありましたよね!

今はこのタイプで枚数の違いでラインナップが組まれているようです。 

作例をまとめましたので購入の参考にしてもらえると嬉しいです。

 

作例

バーベキュー

今日は新居祝いとバーベキューです。

どんどんお肉を焼いていきますよ!

f:id:Studiocedarv:20180818203547j:plain

お肉はあんまり食べた記憶がないんですが、ソーセージが美味しかった!

f:id:Studiocedarv:20180818203757j:plain

すごく美味しいステーキ肉も焼いたのに撮ってないというミステイク。

f:id:Studiocedarv:20180818203804j:plain

外で撮影する分には全く問題ないですね。

後輩の家の新築祝い

新築祝いと称して庭でバーベキュー。

煙が家の中に充満してました。😅ごめんなさい。

まだまだ若い植栽が新築の雰囲気を作っていますよね。

後輩がスケッチを描いたおしゃれな家でした。開口率80%のガラリはなかったけど??

f:id:Studiocedarv:20180818203813j:plain

子どもたちが大きくなる頃にはこの木も大きく育っているんでしょうね。

f:id:Studiocedarv:20180818203825j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203834j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203842j:plain

室内の階段裏にはOSBが使われてました。おしゃれ。

コーナーの納まりについては今後注意したほうが良さそうだね。角が崩れそう。

f:id:Studiocedarv:20180818203947j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204045j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204053j:plain

家は金沢市街地からちょっと山側に行ったところ。

住宅の周りはまだまだ畑が多くて自然いっぱいの素敵な場所でした。

時々イノシシとかクマとか出るよ。

f:id:Studiocedarv:20180818204108j:plain 

参加の面々

こういう場って子ども達がいいスパイスになってますよね。子どもがいるだけで場が和みます。

毎年毎年、子供達が大きくなっていく姿を見るのが、おじさん楽しみです。 

f:id:Studiocedarv:20180818203849j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203859j:plain

会社の若手も参加。こんなイベントも積極的に企画・実行する本当にいい子達です。

f:id:Studiocedarv:20180818203908j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203919j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203929j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203933j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818203940j:plain

何気ないシーンの何気ない写真だけどこの子が大きくなった時に大切な思い出に変わるんですよね〜

室内撮影

写ルンですにはフラッシュがついているんですが使うのを忘れていました。orz

最近のデジカメの高性能さに慣れてしまって、これくらいなら大丈夫だろうと思ってました…

暗いしノイジーだし…でもこれも味のように思えるのがフィルムカメラのいいところですよね。☺️

f:id:Studiocedarv:20180818203954j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204001j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204021j:plain

君の笑顔がステキです❤️

f:id:Studiocedarv:20180818204031j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204038j:plain

 

f:id:Studiocedarv:20180818204118j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818204127j:plain 

エモいモデル

彼は会社の後輩。存在自体がエモい。笑

何気ない仕草がエモい。尊敬できるやつです。会社辞めたけど。。。😅

f:id:Studiocedarv:20180818203554j:plain

f:id:Studiocedarv:20180818210240j:plain 

 

現像の問題

現像はカメラのキタムラさんにお願いしたんですが想像通り現像代は結構かかりました。

  • フィルムの現像代 648円/本
  • プリント代 39円/枚
  • 画像データ化 500円

なんだかんだで2000円を超えてました汗

デジカメはこの費用がかからないのでお得ですよね〜

なので少々高いカメラを買っても実質タダ!

プリント代が高いので、フィルムの現像+画像データ化のみでいいかもしれないですね。

写ルンですには専用カバーをつけてみた!

写ルンですはそのままでもいいんですけど、最近は丸みを帯びたフォルムになってちょっと可愛すぎるんですよね。

もうちょっと無骨な感じのカメラにならないかなと思って探していたら専用のカバーがあることを知りました。

こちらの記事で専用カバーを紹介しています。かっこいいです!

www.01dougajyuku.work

 

最後に

フィルムカメラの雰囲気はどうでしたか?

ピントも合ってないし、構図もデタラメだし。

デジカメだとダメ出しばっかりですよね。

それでも許されるような雰囲気があるのがフィルムカメラの魅力です。

写ルンです、「使い捨てカメラ」と呼ばれていたように初心者でも簡単に使えるチープカメラですが、その独特の写りがフィルムカメラの経験が少ない若い世代に人気のようです。

これからもう少しだけフィルムカメラと付き合っていきたいとおもいます。

それにしてももう少し現像が安くならないですかね。汗 

次の記事はこちら

フィルムカメラのTRIP35をゲットして使っています。

www.01dougajyuku.work