『すぎっち』のジモログ

地元ラブに生きるジモグラファーのカメラのこととか

カメラ女子におおすすめなかわいいレリーズボタン!FORZAGOのハンドメイドシャッターボタン

こんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。

メーカーさんから提供いただいたハンドメイドのレリーズボタンがとてもかわいいのでブログで紹介させていただきます。

いろんな種類の花がデザインされたレリーズボタンなのでカメラの種類や趣味によっては合わない人もいると思いますが、特にカメラ女子におすすめできるレリーズボタンだと思います。

 



FORZAGOのレリーズボタン

これまで色々と試してきたレリーズボタンはどれもシンプルなものでしたが、今回試してみたのはAmazonなどで出品しているFORZAGOのレリーズボタンで、一つずつハンドメイドされているもの。現在9種類のデザインから選ぶことができるので、お好みの柄を探してみてください。

花の形にデザインされたものでメカメカしいカメラの中にアクセントとして用いることができるレリーズボタンです。私が使っているFUJIFILM X-E2につけてみましたが、クラシカルなFUJIFILMのカメラデザインにも合っていると思います。

FORZAGO

注意が必要なのは、シャッターボタンにネジ穴が切られている機種のみ取り付け可能です。ソニーのカメラはほとんど取り付け不可ですがFUJIFILMのカメラは取り付け可能かと思います。

その他に取り付け可能だったのは、FUJIFILM X100VとOLYMPUS OM-10(フィルムカメラ)、Hasselbld 500C/M(フィルムカメラ)でした。

FORZAGO

FORZAGO

有機的なデザインモチーフだから好みが分かれるよね!このデザインがかわいいと思える人と苦手な人はいるだろね!



高い品質と精巧感

ハンドメイドと謳いつつも酷い品質の製品はこれまでもよくみてきたのであまり期待はしていませんでしたが、本製品についてはモノ自体もそうですし梱包されていた箱も想像以上に上質でした。

箱は木製っぽい再生樹脂木でできていますが逆に製品品質は安定しているのでいい選択かも。

FORZAGO

中には麻の緩衝材と本体、ハズレ防止用のゴムリングが二つついています。箱には磁石がついていてふたが外れにくい工夫がされています。

FORZAGO

単なるカメラアクセサリーとして使うだけじゃなくて、プレゼントとしても喜ばれるようなものだと感じます。

プレゼントとして使うには最適なアイテムだと思うよ!

実際につけてみたかんじ。唐突に花のデザインが出てくるから、苦手な人もいるかもしれませんね。私は気に入ったのでこのまましばらく使ってみようと思います。

FORZAGO

さくらのデザインになっていて凹凸があるため一般的なレリーズボタンに比べるとちょっと出っぱっているかもしれません。ただその分シャッターボタンの認識しやすさと押しやすさは良くなりました。

FORZAGO

FORZAGO



クラシカルなカメラとの相性抜群

シャッターボタンにネジが切ってあるのは古いカメラの方が多いかもしれません。一眼レフフィルムカメラはほとんどの製品で取り付け可能だと思います。

そしてこの有機的なデザインのレリーズシャッターはそんな古いフィルムカメラにこそあうのかもしれません。

オリンパスの一眼レフフィルムカメラOM-10につけてみましたがみごとにマッチしています。

FORZAGO

上から見るとちょっと違和感があるかな?笑

FORZAGO
FORZAGO

FORZAGO

OLYMPUS OM-10はやっぱりかわいい!

デジカメでクラシカルなデザインといえばFUJIFILMのカメラ。X100Vにもつけてみました。

FORZAGO

悪くはないですね。「かっこよさ」というよりはX100Vの「かわいさ」を引き出すようなアイテム。

FORZAGO

FORZAGO

デザインによってはシルバー色も選べるみたいだけどブラックボディにはゴールドの方が似合うと思うんだ!

 



FORZAGOレリーズボタンのレビュー

製品が届いてから1週間、X-E2とX100Vに装着して使ってみました。

見た目

私は大満足しています。このデザインをかわいいと取るかかっこいいと取るかは判断が分かれそうですが、個人的には無機質なカメラ外観にアクセントを与えるいい要素だと捉えました。

FORZAGO

真鍮製なのでアルミやステンレスのような素材感、赤などのビビッドな色のレリーズボタンよりは馴染みがいいです。ぱっと見は全く違和感はなく、よく見るとさくらの花があしらわれているのがわかるので、いいサプライズにもなるかもしれません。

特にフィルムカメラを使っている女性などには好評だと思います。

 

操作感

通常の後付けレリーズボタンに比べて凹凸や高さがあるため出っ張り感を感じます。それに伴って誤ってシャッターボタンを押すなどの誤操作は何回かありました。

私はこまめに電源を消すタイプなのでそれほど回数は多くありませんでしたが、電源入れっぱなしでスナップをする人は注意が必要かもしれません。X-E2、X100Vどちらも本体の天面よりもレリーズボタンが飛び出していることが原因ですね。

 

外れやすさ

付属のゴムリングを使用しているので外れるような兆候はありませんでした。電源オンするのと同じ方向に回すことでネジが締まっていくので、電源オンする時に多少意識してネジを締めれば外れて落下するようなことはないと思います。

Amazonのレビューなどでは使用中に外れて落下し紛失したことも書かれていますがもしかしたらゴムリングを使っていなかったのかもしれません。

 

その他

この製品の最大のデメリットは価格の高さです。通常のレリーズシャッターであれば千円台で購入することができるところ、この製品は五千円を超える値段で販売されています。

かなり高価なカメラアクセサリーになるので購入は慎重になってしまいますよね。

価格はAmazonが一番安くなっているのでポイントなどの条件が特にないのであれば、Amazonから購入することをおすすめします。

 



まとめ

とあるご縁でレビューさせていただいたFORZAGOのハンドメイドシャッターボタンですが個人的には大満足しています。

カメラ好きな人にプレゼントするのもいいので是非検討してみてください。