『すぎっち』のジモログ

地元ラブに生きるジモグラファーのカメラのこととか

 

ソニーZV-E10を買うときに注意する7つのポイント

f:id:Studiocedarv:20210917195248j:plain

こんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。

ソニーのVlog用カメラZV-E10が大人気です。これからのカメラのカタチとしてコンデジタイプのZV-E1と合わせてカメラのメインストリームになる可能性を秘めています。

レンズ交換はできませんがZV-E10よりもさらにコンパクトで魅力的なカメラです。

しかし大人気のZV-E10ですがなんでもできる万能カメラと思って購入すると後悔する場合があります。これからZV-E10を購入しようと思っている人に対して、購入前に注意してほしいポイントを7点に絞って紹介します。

 

ソニーZV-E10はこんなカメラ

Vlogが簡単に撮影できるレンズ交換型ミラーレスカメラソニーZV-E10はそんなカメラ。

日常生活を動画で記録として残すのがVlog。ZV-E10はミラーレスカメラのような外観をしていますがそんなVlogを撮影することに特化したカメラです。

ZV-E10のスペック

このカメラを語るとき、スペックを中心で話をするのは野暮というもの。なぜならZV-E10は最新スペックを詰め込んだカメラというよりVlogを撮影するためのカメラを最適解としてまとめたカメラだから。
主なスペックを示します。(細かいスペックはソニー公式HPのこちらから。)

  • センサー:APS-Cセンサー
  • 画素数:2420万画素
  • 連写性能:11コマ/秒
  • 動画性能:4K 30p、FHD 120p
  • 手振れ補正:電子手振れ補正
  • 液晶モニター:3.0型バリアングル液晶
  • 内臓マイク:指向性3カプセルマイク(ウインドスクリーン付き)
  • 重さ:343g

ただスペックで語れない魅力があるのがZV-E10の最大の魅力

 

ZV-E10のいいところ

いいところはなんと言ってもVlogを撮影することに特化したこと。
背景ボケをボタンで切り替えられることや自撮りしている際の顔の明るさを自動でキープしてくれたりしみやしわを目立たなくしてくれる美肌効果があったり、自撮り中心のVlog撮影にはなくてはならない機能が満載。
写真を撮るためのカメラだけどVlogも撮れますよ、じゃなくてVlogを撮るために最適化したカメラですよって言ってくれるのがZV-E10の最大の魅力。

詳細はこちらの記事にまとめているので参考にどうぞ

www.01dougajyuku.work

 

ソニーZV-E10を買う時に注意する7つのポイント

Vlogを撮影するために現段階で最適解と思われるカメラZV-E10ですが、これから購入を検討している人に注意してほしいポイントを7つ紹介します。
ソニーZV-E10を購入する際に次のポイントを理解しているなら問題ありませんが、なんとなく人気だからという理由で購入すると後悔する人も出てくるのでぜひ一度確認してみてください。

1.カメラのスペックは最新版じゃない

新しいカメラだから機能やスペックも最新だと思っていると間違いです。ZV-E10はVlog用カメラとして発売されているので、動画性能やAF性能などは数年前に発売されたα6400と同等となっています。
昨今のミラーレスカメラの機能は進化するとことまで進化しているため、これ以上の機能は不要と思う部分もありますが、最新の機能が搭載されているカメラだと思い込んで購入すると後悔するかもしれません。

ソニーの現段階での最新機能を搭載したカメラはα7Sⅲ。メニューや色味がこれまでのソニーカメラにはない機能となっているので最新機能を堪能したい人はα7Sⅲの購入検討するのもありかも。

www.01dougajyuku.work

2.バッテリーが致命的に弱い

最近のソニーのカメラはバッテリーが強化されてNP-FZ100が使われていますが、ZV-E10にはひと世代前のNP-FW50が使われることになりました。それによりバッテリー一つの動画撮影時間は80分までとなっています。連続動画撮影時間は125分なのでバッテリーが貧弱なことは一目瞭然。Vlogのように日常生活を動画として記録する場合、こまめにバッテリー残量を確認しておかないと突然のバッテリー切れで録画できない、なんてことになるかもしれません。

しかしバッテリー容量が小さいということはボディの重量も軽くできるということ。バッテリーは予備バッテリーを用意しておけばいいし、いざというときはモバイルバッテリーで給電もできるので、運用方法によっては困らないかもしれません。
ただバッテリー容量が弱点の一つであることは認識しておいた方がいいかもしれません。

3.手ぶれ補正時に画面がクロップされる

ZV-E10では強力な手ぶれ補正が搭載されていることが魅力の一つですが、手振れ補正をオンにすると画面がクロップされてしまいます。
クロップされるとは少しアップに写ってしまうということ。下の写真の通り顔が画面いっぱいに写ってしまうためより広角なレンズが必要になったり、手を伸ばして撮影する必要が出たりします。

f:id:Studiocedarv:20210917215825j:plain
f:id:Studiocedarv:20210917215822j:plain
左がクロップ前、右がクロップされた場合(イメージ)

Vlogを撮影するときは自撮りすることが多いと思うので、例えば友達数人と一緒に撮影するときなどは注意が必要かも。

4.キットレンズはボケない

ZV-E10のキットレンズとして発売されているE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSは電動ズームや手ぶれ補正も付いていながらコンパクトなレンズで値段の割には優秀ですが、F3.5のため思ったよりも背景がボケません。被写体を浮かび上がらせて背景をボケボケにしたい時にはちょっと物足りないと感じるかもしれません。

f:id:Studiocedarv:20210917221203j:plain

この写真のように被写体を浮き上がらせるためにはもっとF値が小さなレンズつける必要があります

その際はキットレンズと別に新しいレンズを購入する必要があるので注意してください。
キットレンズ以外でZV-E10に最適なレンズはこちらの記事から選んでください。

www.01dougajyuku.work

5.日中はディスプレイが見えない

ZV-E10はファインダーがないので背面液晶(ディスプレイ)を見ながら撮影します。しかし日中外部の明るい場所ではディスプレイが見えにくくなる可能性があります。スマホの画面はかなり輝度が高いので日中でも見えにくくなることはありませんが。カメラのディスプレイはそこまで輝度が高くないため、明るい場所では暗くて見えなくなる場合があります。

広角レンズを付けて自撮りする分には問題はないかもしれませんが、写真撮影する際には画面が見えず撮影しにくいことが起きるかも。
動画撮影機と割り切って使わないと後悔する場面が出てくるかもしれません。

6.実はそれほど安くない

ZV-E10ボディ単体だと安いところで7万円台で販売しているところもあり昨今のカメラに比べるととても安いイメージがあります。
それはこれまでも説明してきたとおり従来の機能を焼き増ししVlog用カメラの最適解として構築し直したカメラだからであり、機能とコストを比較した時にお得なカメラではないことを理解する必要があります。
またキットレンズでは思ったような映像が撮れない場合、本体やキットレンズと別にレンズを購入する必要がありトータルで軽く10万円は超えてくることが予想されます。
単純に安いからということで飛びついてしまうと後悔することがあるので注意してください。

7.ホワイトはかわいいけどレンズの色に注意

ZV-E10のボディカラーはこれまでのブラックだけでなくホワイトも用意されています。ホワイトのカメラは見た目もかわいいので女性が持つのにおすすめ。

f:id:Studiocedarv:20210917222613j:plain

でもホワイトボディに装着するレンズは黒やシルバーがほとんど。白いレンズもありますがそれらは望遠レンズと呼ばれる大きく長いレンズのためZV-E10には不似合いなレンズになります。
かわいいホワイトボディを選ぶ際は装着するレンズの色もイメージしておいた方がいいかもしれません。

それでもZV-E10は素晴らしいカメラだと思う

ソニーZV-E10を買う時の注意する7つのポイントを紹介しました。これからカメラを始めようと思っている人にとってどれが最適なのかよくわからない部分も多いかもしれません。

ZV-E10は間違いなくエポックメイキングなカメラになると思いますし、これからのカメラ業界の動向を指し示す一台になると思います。だからこそできるだけたくさんの情報を入手し検討した上で納得してZV-E10を購入してほしいと思います。

そして最後になりますが、ZV-E10をいざ購入しようと思った人はボディやレンズ意外にも様々なアクセサリーを一緒に購入することをおすすめします。必ず必要になるものからあれば便利なアクセサリーまで様々なアクセサリーを紹介しているのでこちらの記事も参考にしてください。

www.01dougajyuku.work

 

まとめ

ZV-E10はこれからのカメラのあり方を変えていく一台になります。
ぜひ手元におくカメラとして購入し、楽しいVlog生活を過ごしてほしいです。