Living photos 01

日常生活や暮らしを撮り続けるブログ!

 

初めてのドローン!初心者にはMavic Mini(マビックミニ)フライモアコンボがオススメ!

f:id:Studiocedarv:20191102113254j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

DJIの新しいドローンMavic Miniがようやく手元に届きました^^フライモアコンボの発送が遅れているらしく、2週間以上遅れた感じです^^;

早速初フライトを試してみましたが、改めてフライモアコンボを買って良かったと思ったので、なぜ初心者にフライモアコンボがオススメなのか紹介します。

 

マビックミニにはFly More コンボがある

ドローン初心者は操作が不慣れなので、初めて買うドローンは不安いっぱい。

そんな中、DJI Mavic miniにはフライモアコンボというセットが用意されています。付属品は次の通り。

  • マビックミニ本体
  • バッテリー:3
  • プロペラ予備:3
  • MicroUSBケーブル:2
  • ねじ:18
  • プロペラガード:1
  • 2Way充電ハブ:1
  • USB充電器:1
  • キャリーバッグ:1

特にバッテリーとプロペラガードが秀逸!その理由を説明していきます。

ドローン初心者はどこかにぶつけることを想定

ドローン初心者は操作に慣れていないので、ドローン本体をどこかにぶつけてしまう可能性が高いです。実際に私も壁にぶつけそうになりました。

マビックミニの向きによって前後左右の操作スティックを倒す方法も変わりますし、緊急時に慌てずに思い通りの操作を行う事は困難です。

だからこそ初心者はある程度、ドローンがどこかにぶつかることを想定する必要があります。



プロペラはドローン本体が傷つくだけでなく他者を傷つけることも

ドローンを何処かにぶつけてしまう事はある程度想定しないといけませんが、その際にドローン本体だけでなくぶつけた物や人も傷つけてしまう恐れがあります。それだけはどうしても避ける必要があり、ドローン操縦者としても最大の注意を払う必要があります。



そんな時プロペラガードがあると安心

フライモアコンボにはプロペラガードが付属しています。これがあればプロペラによる物や人への危害は最低限抑えることができます。

しかしマビックミニ単体には付いていないため別売りのプロペラガードを購入する必要があります。

プロペラガード単体で4000円前後する物なので、できればフライモアコンボのセットで一緒に購入できれば嬉しいですね。



 



マビックミニ最大飛行時間18分問題

マビックミニは日本の航空法を回避するためにバッテリー容量を削減して199g以下の重量にしました。そのため最大飛行時間が日本仕様のみ18分に短縮されています。

私が感じた感覚では飛行時間は10分ちょっとくらい。(もちろんバッテリー残量ギリギリまで飛ばせばもう少しは延びますがバッテリー切れで墜落は避けたいので。。。)

10分程度の飛行だとあっという間に時間が過ぎてしまって、撮影したい動画を撮り切る前にバッテリー切れになってしまうことが想定されます。



マビックミニには予備バッテリーは必須!

そんなことからマビックミニには予備バッテリーは必須だと感じました。

フライモアコンボにはバッテリーが3本付属しているのでバッテリー交換することで飛行時間を延ばすことができます。

また充電ハブも付いているので、バッテリーを3本同時に充電することが可能。さらにモバイルバッテリーなどでも充電できるので、出先でも常に充電しておくことで切れ目の少ない撮影を続けることができます^^

バッテリーも一本5000円もするのでフライモアコンボで3本も含まれているの本当に助かります^^

 

マビックミニの飛行時間について検証してみました。

www.01dougajyuku.work



やっぱりドローン初心者にはフライモアコンボがオススメ!

フライモアコンボはマビックミニ単体よりも商品が届くのが遅れているみたいです。ただここまで説明した通り、単体で買ってアクセサリを追加するよりも格安に用意できることができますし、ドローン初心者には必須のアイテムが多数揃っているので、マビックミニを購入するドローン初心者はみんなフライモアコンボを購入すればいいと思ってます^^

 

最後に

マビックミニが届いて毎日楽しみながら飛行させています。これからも気づいた点をまとめていくのでブックマークしてもらえるととっても喜びます^^