『すぎっち』のジモログ

地元ラブに生きるジモグラファーのカメラのこととか

 

SONY α7SⅢのクリエイティブルックの作例『IN編』

f:id:Studiocedarv:20201215210504j:plain

こんにちは。ゼロイチ(@cedar_studio)です。

中古カメラを楽しんでいる私ですが、SONYのα7SⅢが欲しいとつぶやいていたら思いがけず購入してしまいました。さらにこの記事でGoogle砲ももらっちゃいました。

www.01dougajyuku.work

α7SⅢはめっちゃ楽しい!

SONY αシリーズでは、α7SⅢから写真を思い通りの雰囲気に仕上げられる10種類の新たな画像スタイル「クリエイティブルック」が搭載されました。
色々試してみたところ夜のスナップにはクリエイティブルックの「IN」が適しているように感じたので作例を紹介します。

 

SONYのクリエイティブルックとは

SONY α7SⅢから搭載された新しいカラー設定で、これまでのソニーのカメラの唯一の不満点のカラー設定が大きく改善されました。

カメラ単体で思い通りの表現が可能な「クリエイティブルック」

撮影する静止画、動画を思い通りの雰囲気に仕上げることができる「クリエイティブルック」を新搭載。全10種類のモードがカメラ内にプリセットされており、ユーザーの好みに合わせた画づくりを選べるほか、選択したモードをベースにさらに独自の画づくりを楽しむこともできます。コントラストがありながら落ち着いた発色と印象的な色味の[FL]や、マットで柔らかな質感の[IN]など、色合い、色の濃さ、明るさ、コントラスト、シャープさなど、多くの要素を組み合わせた多彩なモードを搭載。細やかな調整を行う場合には、画面を見ながら(*)コントラスト、彩度、シャドウなど最大8項目による画像の微調整が可能です。また、自分好みの設定をカスタムルックとして登録することもできます。

※SONY公式HPより

クリエイティブルックのそれぞれのカラーは次の通り。

f:id:Studiocedarv:20201215214712j:plain

クリエイティブルックの呼び方

呼び方はユーチューバーのジェットダイスケさんも想像していましたがINだけよくわかりませんね。

ST:スタンダード?
PT:ポートレート?
NT:ニュートラル?
VV:ビビッド?
VV2:ビビッド2?
FL:フィルムルック?
IN:??
SH:シャイニー?
BW:ブラック&ホワイト?
SE:セピア?

それぞれのルックはこの記事で比較したよ!

www.01dougajyuku.work

クリエイティブルック『IN』が気になる

SONY α7SⅢが到着してすぐは『ST』と撮っていましたがすぐに『FL』が気になり出しました。FUJIFILMのクラシックネガっぽい雰囲気になるので昼間に撮影するときは印象的になります。

f:id:Studiocedarv:20201216073621j:plain
それに対して『IN』はコントラストを抑えた表現になるので、夜のスナップ撮影に最適だと思って夜の街に飛び出して撮影してきました。

 

クリエイティブルック『IN』の作例

ここから実際にクリエイティブルック『IN』の作例を紹介します。全て撮って出しになります。(ただし傾き補正と透かしを入れるためにLightroomを通しています。)

ここ最近お気に入りの撮影ポイント。RAW現像して自分好みの写真に仕上げるのもいいですが『IN』で撮って出しもすごくいい。α7SⅢ 作例

暗い部分が持ち上がっている印象なので何気ない通りの写真も雰囲気がいい感じに仕上がります。α7SⅢ 作例

露出補正をマイナスに設定して撮った一枚。α7SⅢ 作例

こちらは露出補正をマイナス2段分くらい落としてみました。α7SⅢ 作例

ちょっと暗めの飲み屋街でもここまで明るく写ります。α7SⅢ 作例

シャッター速度の最低速度を1/60に設定していたらどれも明るめの写真に仕上がってしまいます。設定には注意が必要。α7SⅢ 作例

コントラストが抑えられるのでふわっとした雰囲気に仕上がります。α7SⅢ 作例

お店のあかりで撮影してみるとかなりハイキーになります。α7SⅢ 作例

この写真を使ってそれぞれのクリエイティブルックを比較した記事を後日書きます。α7SⅢ 作例

色の少ない写真でも暗部が持ち上がるので雰囲気が出てきます。α7SⅢ 作例

チャリ。α7SⅢ 作例

スーパーの前にいた犬。MFレンズを使っていたのでピントを外しました。α7SⅢ 作例

目で見ている以上に明るく写ってしまいます。でもすごくいい感じ。α7SⅢ 作例

空のグラデーションも表現できています。α7SⅢ 作例

暗部を持ち上げると同時にハイライトも若干抑えてくれます。α7SⅢ 作例

あまりにも明るく写ってしまうので最低SSを1/125に変更して撮った一枚。α7SⅢ 作例

どれもオールドレンズのPlanar50mmF1.4を使って撮影しています。

夜スナップにはクリエイティブルック『IN』がおすすめ

作例を見ていただいてどうでしたか?何気ない構図ですがそれっぽく見えてきませんか?
それぞれのクリエイティブルックには得意不得意がありそうなので、それぞれのルックの使い分けが大切なのかもしれないですね。

私個人の感想では夜スナップは『IN』一択だと思います。(もっと光が少ない場面では『SH』もいいかもしれませんが、あまりにも明るくなりすぎるのでもしかしたら昼間のお花畑とかのほうがいいかも。)

SONY α7SⅢはクリエイティブルックを使うためだけに購入するのもアリかもしれませんね。(その内他のラインナップでも導入されると思うけど。。。)そしてSONY α7SⅢはとてつもなく使いやすいカメラですね。ISOガンガンあげても問題なく綺麗な写真が撮れちゃいますよ!

 

最後に

これまでSONYのカメラを使ってきましたが、カラー設定が好みではなかったのでRAW現像を前提で撮影してきました。でもクリエイティブルックの登場でSONYのカメラでもjpeg撮って出しが楽しくなるかもしれません。

その他のクリエイティブルックも色々と試してみたいと思います。 

全ての始まりはこの記事からでした。www.01dougajyuku.work

SONY α7SⅢのクリエイティブルックを比較してみました。
www.01dougajyuku.work