ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

SIGMAからFoveonセンサーのフルサイズ機が登場する?【噂】2020.02.08更新

f:id:Studiocedarv:20200129173234j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

突然ですがシグマFoveonセンサー搭載のフルサイズカメラ登場の噂が出てきました!

まだ噂段階ですがとても気になるので情報を整理したいと思います。



 



Foveonセンサー搭載フルサイズカメラは当初2019年登場の予定だった

Foveonセンサー搭載フルサイズはいきなり出てきた話ではなく、以前からシグマの山木社長が開発中であることを明言していました。

しかし、フルサイズFoveonセンサー開発の遅れによりCP+2019にて、発売時期を2019から2020へ延期することを発表しています。

シグマのフルサイズミラーレスは2000万画素x3層構造(1:1:1)の新型Foveonセンサーを採用 - デジカメinfo



フルサイズFoveonセンサー搭載カメラの噂

前置きするとまだ噂段階の情報のため信憑性はそこまで高くないようです。今後情報が出てくることも予想できるのでリアルタイムで更新していきたいと思っています。

2020.01.29時点

突然、フルサイズFoveonセンサー発表の噂が出て来ました。

「日本からの情報によると、シグマのフルサイズX3センサーカメラが間もなく登場するということだ。新しいフルサイズX3センサーは3層RGBセンサーで、4:1:1ではない。新型機の名称はSDQFだ」

「フルサイズミラーレス版のDP1FとDP2Fは2~3ヶ月遅れるだろう。DP3FとDP0Fは技術的に困難で、これは解決されないだろう」

文中にSLR(一眼レフ)とあるのは翻訳(中国語→英語の自動翻訳)の間違いだと思う。この噂は、近日中に登場するシグマのLマウントの60MP Foveonセンサー搭載のフルサイズミラーレスカメラの可能性が高い。

引用:デジカメinfo

引用元:Rumors: Sigma to announce a new X3 Foveon full-frame camera soon (CP+ show?) - Photo Rumors

日本では2月末にCP+2020が開催されるので、それに向けた発表されると嬉しいですね。

気になるところはFoveonセンサーのセンサー構造が1:1:1であること。Foveonセンサーは初期の1:1:1構造と現行機であるSD Quattroの1:1:4構造の二種類がありますが、あえて初期の1:1:1構造を採用するとのこと。

コアなファンが多いセンサーなのでとても嬉しい情報ですね。

 

2020.02.08追記

シグマから公式にFoveonセンサーの開発状況についてアナウンスがありました。

SIGMAは、2018年9月の「Photokina 2018」でLマウント採用のフルサイズFoveonセンサー搭載ミラーレスカメラの開発を発表いたしました。つづく「CP+ 2019」において同カメラの発売を2020年とご案内してのち、その実現にむけ鋭意開発を進めてまいりました。

しかし、最新の開発情報にもとづいて慎重かつ厳正な検証を重ねた結果、現時点でもフルサイズFoveon X3センサーの量産化に見通しがつけられておらず、2020年中の発売は不可能であることが確実となりました。
現在の開発状況に鑑みても具体的な発売予定について明言できる状況にないため、当該カメラの製品化計画については一旦リセットし、センサー技術の開発まで立ち返ってプロジェクトを仕切り直すことといたしました。

この間、多くの方々が「フルサイズFoveon」の発売を心待ちにされていることを励みとして、関係者一同総力を挙げて取り組んでまいりましたが、ご期待にお応えできないままこのようなご報告になってしまうことを、心よりお詫び申し上げます。

もちろん、「Foveon」という唯一無二のセンサーはSIGMAにとって理想と理念を具現化するアイデンティティともいえる存在であり、今後もよりよいイメージセンサーの実現をめざし、引き続きテクノロジー開発に注力してまいります。

残念ながらフルサイズFoveonセンサーの開発は難航しているようです。

2020年中の発売は不可との事なので2021年には発売することを期待していきたいと思います。 

 

今後新しい情報が出れば随時更新したいと思います。



 



SIGMA fpとの住み分けはどうする?

シグマは2019年にFoveonセンサーではなく一般的なベイヤーセンサーを搭載したSIGMAfpを発売しています。

私もSIGMA fpを先日購入し楽しく使っていますが、フルサイズFoveonセンサーカメラが登場した場合の住み分けはどうなるんでしょうか。

新しいフルサイズFoveonセンサーカメラがfp並の高感度耐性があるならば、ものすごく羨ましいですね。



写真専用のFoveon、動画も得意なfp

自分が予想するのはやっぱりこういう住み分けかなと思っています。Foveonセンサーで動画撮るのはどうしてもイメージできなくて。。。

フルサイズFoveonセンサーは6000万画素の高画素機になるようなので、ソニーのα7RⅣのような位置付けになるのかもしれませんね。(それならfpはα7Ⅲ?)

私はこの記事でも書いたようにソニーのα7RⅢと合わせてダブルメインカメラの体制で行く予定なのでフルサイズFoveonセンサーカメラは不要かな?(自分に言い聞かせる)



 



最後に

この前無理してfpゲットしたばっかりなのに、また魅力的なカメラが出て来そうですね^^;

縮小傾向と言われているカメラ業界ですが、すでに沼にハマっている人には魅力的な製品ばっかり出て来て沼から抜け出せる気がしません。。。

まだまだ噂話の域を出ない話ですが引き続きウォッチしていきたいと思います!