ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

DJI Mavic Mini(マビックミニ)購入ガイド!購入前に注意することと購入後に行うこと!

f:id:Studiocedarv:20191103111518j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

DJI Mavic Miniが発表されてたくさんの方が購入を検討していると思いますが、今回はMavic Mini購入前に注意することと購入後に行うことについてまとめました。

ドローンを飛行させる際の法規制と購入後の練習についてまとめたよ

 

Mavic Mini購入前に確認すること

Mavic Miniは本体重量が199gとなったため、航空法の規制外になったと思っている人がたくさんいますが、航空法の『無人航空機』の規制外になっただけで『模型航空機』としての規制対象となっているので、Mavic Miniを購入する人も航空法による規制を確認しましょう。

Mavic Miniにかかる規制

199g以下のMavic Miniにもかかってくる規制は主に次の二点。

  • 飛行場周辺などの航空機に影響を与える恐れがある空域
  • 地表や水面から150m以上の空域

Mavic Miniの運用限界高度が3000mとなっていますがあくまで海抜3000mまで可能というだけで、地表面などから150m未満の空域しか飛ばすことができないので気をつけましょう。

それでも人口密集地禁止や目視外飛行禁止、建物等から30mの離隔なんかの規制がなくなったのはうれしいよね

f:id:Studiocedarv:20191103111850j:plain

ちなみに200g以上のドローンにかかってくる主な規制は次の通り。

  • 人口密集地での飛行規制
  • 夜間飛行の規制
  • 目視外飛行の規制
  • 建物等から30m以内の飛行規制
  • イベント上空の飛行規制、など

その他にも重要文化財保護法や道路交通法自治体条例などの規制もあるから自分が住んでいる地域にどんな規制があるのか事前に確認しておこう!

▼こちらの記事でその他の法規制についてまとめています。

www.01dougajyuku.work

 

Mavic Miniを購入後に行う練習

ドローンは鋭利なプロペラが高速回転しているので空飛ぶ凶器です。同じく走る凶器と呼ばれる自動車に運転免許がありますが、ドローンには免許制度がありません。その代わりとなるのが200g以上のドローンを飛行させる時に必要な『ドローン許可申請』。

Mavic Miniは200g未満のドローンのためドローン許可申請は不要ですが、小型のドローンでも十分空飛ぶ凶器になるため、ドローン許可申請を行ってもいいくらいの練習はしておきましょう。

ちなみにドローン許可申請を行うためには次の二点の条件が必須です。

  • 安全確保への対策を立てていること
  • 10時間以上の飛行実績があること

10時間以上の飛行実績って、Mavic Miniをただ飛ばせばいいの?

10時間の飛行実績はただドローンを飛ばせばいいわけではありません。自分の思い通りにドローンを操作できるように練習する必要があるので、10時間の内に行うドローン操作の練習方法をまとめました。

※私も初心者なので知り合いのドローン経験者の方にアドバイスをいただきました。

f:id:Studiocedarv:20191103111644j:plain

ドローンの練習方法

ドローン本体が自分と同じ方向を向いている時は車の運転と同じ感覚で操作できますが、例えばドローンが自分の方向へ向いた際は操作が反対になってしまいます。

その感覚に慣れるために行う練習が次の練習です。(操作前に周囲の安全を十分確認してください)

1.正面を向いたままでのスクエア移動

広く安全な場所に四角形を描くように目印になるもの(コーンなど)を置きます。

ドローンを目線の高さ程度に確保して、正面を向いたまま四角形を描くようにコーンの上を移動させます。Mavic Miniなどのドローンであれば比較的誰でも操作可能だと思います。

2.ドローンを進行方向に向けてスクエア移動

先ほどは正面を向いたままのスクエア移動でしたが次はコーンの上でドローンの向きを変えて行うスクエア移動です。ドローンの向きが変わった時に左右が逆転するので混乱しないように注意しましょう。

方向感覚がある人はスムーズにクリアできるかもしれませんが、頭で考えることなく感覚でスムーズに操作できるようになるまで練習しましょう。

f:id:Studiocedarv:20191103111705j:plain

3.進行方向に向けてサークル旋回

コーンの上を通るように大きな円を描きます。ドローンは進行方向を向けて飛行します。

時計回りと反時計回りを練習します。コントローラーの微妙な操作が必要となるので、最初は大変ですができるだけキレイな真円を描けるように練習しましょう。

4.円の中心に向けたままサークル旋回

先ほど同じ大きな円を描くのは同じですがドローンは円の中心を見ながら飛行させます。さらにコントローラーの操作が難しくなります。

これができるようになると撮影対象を中心に置いたままドローンがその周囲を飛行する『サークル』という映像が撮影できるようになります。(DJIのアプリを使うと自動で撮影してくれるんですがね^^;)

f:id:Studiocedarv:20191103110944j:plain

5.円の外側に向けたままサークル旋回

先ほどは円の中心を見ながら飛行しましたが、次は円の外側を見ながらのサークル旋回です。4ができるようになると比較的簡単に操作できるようになるかもしれませんね。

6.3〜5を八の字で飛行

3〜5でサークル旋回していたものを八の字飛行させます。八の字の中心に来た際に方向が切り替わるので瞬時に操作できるようになるかが大切です。

練習の内容はアプリを使えば簡単に撮影できるものもあるけど、ドローンが操作不能になったときに慌てないようにするためにもしっかりと練習しておこう!

f:id:Studiocedarv:20191103111811j:plain

Mavic Mini購入後に練習が必要な理由

Mavic Miniは航空法の規制が緩い機体なのになんで練習が必要なのか。

どんなに小さくてもドローンは凶器になってしまう

鋭利なプロペラが高速回転している以上、どれだけ小さくても人やものを傷つけてしまうのがドローンです。規制が緩い模型航空機に分類されるMavic Miniであろうとも、ドローンを操作時は万が一のことが起こらないように準備しましょう。

『規制がなくなった』と考えるよりは『許可申請が不要になった程度』と考えて、練習でしっかりとスキルを磨こう!

10時間練習しても車の仮免程度

10時間の練習を行っても車でいうと仮免程度の技術みたいです。一応公道には出ることができるけど、しっかりと安全に注意しながら走行しなければいけない時期。

そう考えると、練習なしでいきなりMavic Miniを操作する人は『無免許で走行する自動運転の車』みたいなものかもしれないですね^^;怖すぎますね。

自分の思い通りに操作できるようになることが大切

どんなに優れたドローンでも電波の干渉や飛行条件によっては操作不能になることがあるようです。そんな時に慌てずに適切な危険回避行動を取れるようにするのが練習飛行になります。

機械任せにするのではなく、自分の思い通りに直感的に操作できるようになるまで、練習することが望ましく、そうなるまでにはおおよそ30時間の練習が必要になるみたいです。

世間はドローンに厳しい目を持っている

ここ数年、どんどんドローンの規制が厳しくなってきました。飛行禁止区域で飛行させたりと決められたルールやモラルを守らない一部の人がいたためです。

一般の人はドローンに良い印象を持っていないことが多いので、ドローンを操作する私たちは、しっかりとルールとモラルを守ったドローン運用で、これ以上ドローン環境が悪化しないように注意しないといけないですね。

 

最後に

私もドローン初心者ですが、最善の注意と準備でマビックミニの到着を待ちたいと思います^^マビックミニでどんな映像表現ができるのか今から楽しみです!

次の記事はこちら

▼Mavic Miniの詳細スペックなどはこちら

www.01dougajyuku.work