ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

自分の好きな焦点距離を見つける方法!RX100m7は最適のカメラです

f:id:Studiocedarv:20190922143540j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

あなたは自分が好きな焦点距離を知っていますか?

単焦点レンズを買うときは結構真剣に悩みますが、自分が好きな焦点距離を知っていれば迷いが少しは無くなるかもしれません。

今回は『自分の好きな焦点距離を見つける方法』を紹介します。

 

自分の好きな焦点距離を見つけるのは結構難しい

初めてカメラを買う人はズームレンズキットを購入する人が多いと思いますが、ズームレンズキットのほとんどは24mmから70mmまでの標準域をカバーしたレンズであることが多いです。つまり70mmよりも長い焦点距離については経験することができません。

焦点距離によって写真の見え方は変わります。24mmと40mmの写真ですが被写体にあった焦点距離を設定することでより良い写真になります。

f:id:Studiocedarv:20190922144114j:plain

f:id:Studiocedarv:20190922144128j:plain

またファインダーをのぞきながらズーミングして構図を決めても、それが焦点距離何mmなのかを確認しながら撮影する人も少ないと思います。

そのような状態で自分の好きな焦点距離を見つけるのは結構難しいです。

そんな人にとって実はRX100m7は最適のカメラの一台です。

RX100m7は高倍率ズーム搭載の最強便利コンデジ

RX100m7は24mmから200mmまでの高倍率ズームを搭載した最強コンデジ

ほとんどの人はシャッターボタン脇にあるズームバーを使ってズーミングしているのではないかと思います。しかしファンクションメニュー設定することで別の方法でズーミングできるようになります。

コントロールリングにズームを設定する

RX100m7ではコントロールリング(レンズの周りにあるリング)にズームを設定することができます。

▼コントロールリングにズームを設定すると操作時ディスプレイにこんな表示が出ます

f:id:Studiocedarv:20190922132959j:plain

24、28、35、50、70、85、100、135、200mmというよく使う要点距離が表示され設定できるので、合わせたい焦点距離に簡単に設定することができます。(シャッター脇にあるズームバーだとシームレスにズーミングできる反面、合わせたい焦点距離ぴったりに合わせることが難しいです。)

---

今回のRX100m7の楽しみ方はこのズーム設定を使って行います。

 

RX100m7の楽しみ方

普通の人はあまり意識しないかもしれませんが、ちょっとマニアックなRX100m7の楽しみ方を紹介します。

自分の好きな焦点距離を見つける

カメラを少しかじると自分の『好きな焦点距離』がわかってきます。そしてそれに合わせた単焦点レンズを買ってレンズ沼にハマっていくのがデフォルトのカメクラの流れ。

ただ自分が本当にその焦点距離が好きなのか真剣に試したのか、と言われるとちょっと自信がありません。

---

24mmから70mmは標準域と呼ばれる焦点距離なのでよく使いますが、85mmや135mm、200mmって望遠ズームを持っていないと使う機会がありません。 

▼ちなみに私が好きな焦点距離は135mm。これはRX100m7で撮影したもの。

f:id:Studiocedarv:20190922134829j:plain

ソニーのSEL135F18GMは大好きなレンズの一つ^^

www.01dougajyuku.work

撮影しながら自分な好きな構図とそのときの焦点距離を確認することで、自分の好きな焦点距離を見つけることができます。そうすると迷うことなく単焦点レンズを購入することもできます!

▼参考にRX100m7で各焦点距離ごとの写真

f:id:Studiocedarv:20190922140610j:plain

24mm

f:id:Studiocedarv:20190922140648j:plain

28mm

f:id:Studiocedarv:20190922140728j:plain

35mm

f:id:Studiocedarv:20190922140751j:plain

50mm

f:id:Studiocedarv:20190922140820j:plain

70mm

f:id:Studiocedarv:20190922140844j:plain

85mm

f:id:Studiocedarv:20190922140914j:plain

100mm

f:id:Studiocedarv:20190922140941j:plain

135mm

f:id:Studiocedarv:20190922141004j:plain

200mm

この焦点距離の割り振りは結構理にかなっていて、各メーカーで用意する単焦点レンズの焦点距離にあわせてきています。(ソニーさんうまい!)

自分の欲しい構図がどの焦点距離か当てる

RX100m7で撮影するときに密かにやっているゲームなんですが、写真に撮りたいと思った被写体が見つかったときに、思い描く構図で撮影するためにはどの焦点距離が適切かを当てるゲームをしています。

▼下の写真はどちらもハウスを構図の中に収めたくて撮影した写真ですが、被写体までの距離がそれぞれ違うので適切な焦点距離を設定して撮影しました。

一枚目が50mmで撮影(パースがついているのでわかりやすいかも)。二枚目は135mmで撮影しまし。思い描く構図になるように一度で焦点距離を決めることができると写真技術も向上すると思います。

f:id:Studiocedarv:20190922142200j:plain

f:id:Studiocedarv:20190922142221j:plain

RX100m6とお別れしたのは『便利さ』ゆえ

以前私はRX100m6を使っていましたが手放してしまいました。

▼RX100m6を手放したときのお話はこちら

www.01dougajyuku.work

手放した主な理由は『便利』すぎるから。高倍率ズームを多用しすぎて座ったままいろんな写真を撮っていることが嫌になりました。その反動で単焦点のX100Fを購入しました。

でも今、新たにRX100m7を手にして『便利さ』を逆に利用しようと考えています。

それが今回の焦点距離について考えながら撮影する方法です。

 

最後に

自分の好きな焦点距離を見つけると、単焦点レンズを買うときの失敗も少なくなりますし、それぞれの焦点距離の特徴を理解することにもつながるので撮影技術の向上にもなります。

RX100m7はコンデジですが値段が高いためどちらかというと初心者向きよりもカメラ趣味の人にオススメしたいカメラ。

RX100m7のこんな活用方法であなたの撮影技術をもう一段階アップさせてみませんか? 

次の記事はこちら

▼RX100m7のレビュー記事です。

www.01dougajyuku.work

▼RX100m7があることでどんな風に生活が変わるのか説明しています。

www.01dougajyuku.work