ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

ソニーα6600はAPS-Cフラッグシップ機ではない?α7000の可能性は残っている!

f:id:Studiocedarv:20190829223159j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

ソニーから新しいAPS-Cミラーレスカメラ『α6600』が発表されました。

事前の噂ではソニーAPS-Cカメラのフラッグシップ機が登場すると言われていましたが、発表されたスペックを見るとフラッグシップ機とは言えない部分が見えてきました。

α6000、α6500と使ってきた私の目から見たα6600の注意点を紹介するので、α6600購入を検討している人は一読してください。

 

α6600とは

α6400に手ぶれ補正が付いたカメラ』という紹介をされていますがスペックを紹介します。

α6600の外観

▼正面から見るとぱっと見は他のα6000シリーズと全く同じです。

f:id:Studiocedarv:20190829232346j:plain

▼カスタムボタンがC4まで増えています。その代わり内蔵フラッシュがなくなっています。動画の録画ボタンは変わっていませんね。

f:id:Studiocedarv:20190829232414j:plain

▼ぱっと見はわかりませんがグリップがかなり深くなりました。

f:id:Studiocedarv:20190829232429j:plain

α6600の主なスペック

  • センサーサイズ:APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)、Exmor CMOSセンサー
  • 有効画素数:2420万画素
  • 画像処理エンジン:最新BIONZ X
  • 測距点数:425点(位相差検出方式、コントラスト検出方式共)
  • 瞳AF:リアルタイム 人物・動物共(動物は静止画のみ)
  • ISO:ISO 100〜32000(拡張時ISO50〜ISO102400
  • 液晶モニター:3.0型921 600ドット180度チルト可能
  • バッテリー:NP-FZ100(α7Ⅲ型と同じ)
  • 手ぶれ補正:5.0段5軸手ぶれ補正
  • AF速度:0.02秒
  • 内蔵フラッシュ:なし
  • サイズ:120×66.9×69.3
  • 質量:503g
  • 価格:1400USドル(15万円程度
  • 発売日:11月1日(9月3日予約開始)

まさに『α6400に手ぶれ補正が付いたカメラ』ですが、バッテリーがα7Ⅲ型と同じ大型のNP-FZ100が採用されているのは嬉しいですね。

α6600はα6400の上位互換機(α6500の後継機)

α6600はスペックを見る限りα6400の上位互換機種と言えますし、α6500の後継機だと言えます。(α6600の発売にともないα6500は発売終了)

α6600はAPS-Cのフラッグシップ機じゃなかったのか?

事前情報ではAPS-Cのフラッグシップ機が発表されると噂されていましたが、α6600のスペックはAPS-Cのフラッグシップ機と呼んでいいんでしょうか。

4K60pはお預け

4Kは30pまででした。4K60pをみんなが待ち望んでいるのに搭載されませんでした。(富士フィルムのX-T3で搭載されているのに…)

先行した技術を持っているソニーなのに、なぜα6600に4K60pを搭載しなかったのか疑問です。

FUJIFILMのX-T3もいいカメラ。ソニー党じゃなかったら多分買ってる。

搭載されなかったダブルスロット

フラッグシップ機と呼ぶならば、ある程度のプロユーザーの使用を想定するものですが、α6600ではSDカードのダブルスロットは搭載されませんでした

プロユーザーはデータ消去を一番恐れるので、リスクヘッジとしてダブルスロットを強く求めますが、α6600にはシングルスロットしか搭載されていないのはフラッグシップ機ではないからだと考えます。

エキサイティングと噂されていたのはなんだったのか

そもそも事前情報ではエキサイティングなカメラが発表されると聞いていたのに、どこがエキサイティングだったのか

個人的にはα6600の後にさらにエキサイティングがカメラが登場すると予想しています。 

APS-Cのフラッグシップ機『α7000』の可能性はまだ残っている!

以上のことからもわかるようにソニーAPS-Cミラーレスのフラッグシップ機α7000は今後登場することを予想します。

ソニーがこのままで終わるわけがないという希望も込めて、今後α7000が登場してくるでしょう。

 

α6600が最適な人はこんな人

今後フラッグシップ機が登場することを予想(期待)しα6600が最適な人について想定します。

サードパーティー製のレンズを使って手ブレなし動画を撮りたい人

α6600の大きな特徴は5軸手ぶれ補正がついていること。レンズ側に手ぶれ補正がない場合は非常に有効な機能となります。

f:id:Studiocedarv:20190829235846j:plain

一般的にサードパーティー製のレンズは、コストダウンを測るためにレンズ内手ぶれ補正が付いていないので、サードパーティー製のレンズを購入していろんなレンズを試したい人は、ボディ内手ぶれ補正があるα6600はオススメです。

純正レンズなどのようにレンズ内手ぶれ補正が付いているレンズを使用する場合は、手ぶれ補正がないα6400でも十分かもしれません。

価格で5万円ほどの差が出るので慎重に判断した方がいいかもしれません。

バッテリーを気にせずに撮影したい人

手ぶれ補正が付いたことと同じくらい大きな変更はバッテリーが大型化したことです。

f:id:Studiocedarv:20190829235901j:plain

私が持っているα7RⅢと同じバッテリーを採用していますが、α7RⅢになってからはバッテリーの心配をすることがなくなりました。

ちまちまとバッテリー残量のことを考えたくない人はα6600は超オススメです!

写真を撮りたい人はα6100でもいいかも

動画をあまり撮らず写真メインの人は同時に発表されたα6100の方がオススメかもしれません。

f:id:Studiocedarv:20190829235922j:plain

α6100は動画撮影時の色設定機能(ピクチャープロファイル)がついていないのですが、AF速度はほとんど同じなので写真を撮影する機能については大きな差はありません。(高感度性能など一部違いはありますが…)

価格差などを考えても、動画を撮らない人はα6600ではなくα6100がオススメです。

本格的に動画を撮影したい人は今後登場するだろうα7000を待ったほうがいいかも

よりプロユーザーとして動画撮影を行いたい人は今後登場するであろうα7000を待った方がいいかもしれません。フラッグシップ機としてα7000を投入するのであれば、4K60pは必須になってくると思います。

4K60pで撮影できれば、トリミング耐性にも強いですし、スローなどにも柔軟んい対応できます。

またα6600はダブルスロットが搭載されていないので、本格的に動画を撮影したい人はα7000の登場を待ちましょう。

 

最後に

ここ最近のソニーのカメラは『コレジャナイ』感が出てきています。

カメラの機能も進化するところまで来てしまっている感もあり、いっときのiPhoneみたいに私たちの期待を超えるような製品は出にくくなっているのかもしれません。

それでもやっぱりソニーには期待してしまいますし、APS-Cフラッグシップ機の登場を心待ちにしている自分がいます。

フルサイズのα7RⅢと1インチコンデジのRX100m7を所有しつつAPS-C機を持つのは贅沢かもしれませんが、動画も撮影したい人間としてはどうしても気になるカメラです。

今後のソニーの動きにも大注目です!

次の記事はこちら

ソニーα7RⅣも気になります…

www.01dougajyuku.work

▼RX100m7は発売日にゲット!

www.01dougajyuku.work