ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

【レビュー・作例】DJI Osmo Mobile 3(オズモモバイル3)が届いた!コンパクトでどこでも持ち歩けるよ!

f:id:Studiocedarv:20190816070158j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

先日突然発表されたオズモモバイル3。

▼オズモモバイル3の詳細については下記の記事を確認

www.01dougajyuku.work

実機が手元に届いたのでレビューと作例を紹介します。

▼今回ゲットしたのはこちらのコンビセット

 

外観レビュー

早速持ち出して撮影してきました。

▼コンボセットに同梱されているグリップ兼三脚をつけた状態

f:id:Studiocedarv:20190816095644j:plain

f:id:Studiocedarv:20190816095702j:plain

▼グリップ正面にはジョイスティックと電源ボタン、録画開始ボタンがついています。ジョイスティックでカメラの向きを手元で操作が可能。写真と動画の切り替えも手元で行うことができます。

f:id:Studiocedarv:20190816095801j:plain

▼サイドにはズームボタン。ズームは電動ズーム限定になります。

f:id:Studiocedarv:20190816100130j:plain

▼装着したスマホはiPhone8PLUS。比較的大型で重量感のあるスマホですが難なく装着できました。スマホカバーがついた状態でも取り付けることができましたが、私はスマホリングをつけていたのでそのままでは取り付け不可でした。注意が必要ですね。

f:id:Studiocedarv:20190816100512j:plain

▼スタップホルダーも装着されているのでうっかり落とす心配もありません。

f:id:Studiocedarv:20190816100610j:plain

▼底面には三脚ネジがついているのでミニ三脚を取り付けることができます。私はコンボセットについていたグリップを取り付けています。

f:id:Studiocedarv:20190816100737j:plain

f:id:Studiocedarv:20190816100802j:plain

オズモモバイル3はすごく軽い

オズモポケット3は前作に比べて大きく軽量化されているので長時間持っていても全く負担になりません。

f:id:Studiocedarv:20190816095239j:plain

筐体はプラスティック製なので高級感はありませんが、その代わり非常に計量になっています。
子どもと一緒に撮影するときはこの軽さは素晴らしいです。

オズモモバイル3は折りたたむとコンパクト

ポケットには入らないけど、小さなカバンには余裕で入ります。

▼いつものMILESTOのポーチに入れて持ち歩くことも簡単^^

f:id:Studiocedarv:20190816093926j:plain

f:id:Studiocedarv:20190816094209j:plain

▼私が持ってるのはミレストのカメラバックだけどもう販売中止されてます。似ているのは下記のバックになると思います。

オズモモバイル3とスマホ、モバイルバッテリーがすっぽり入ってもまだまだ余裕があります。

オズモモバイル3の握りやすさは最高

オズモモバイル3は人間工学に基づいてグリップが計算されています。

f:id:Studiocedarv:20190816095121j:plain

指の掛かりがいいので前述の軽さと相まって非常に持ちやすいです。

 

オズモモバイル3の操作感

実際に使ってみた私の感想です。

使い方は慣れが必要?

正直少し慣れが必要です。私は、これまでに時運のジンバルやオズモポケットを使ってきましたが最初は慣れていなくてちょっと戸惑いました。

でも30分後には普通に撮影することが可能になりました。

ラッキングは外れることもある?

ラッキングを試してみました。被写体を追跡してくれる面白い機能です。

しかし対象(子ども)の顔にトラッキングをかけた時に、子どもが後ろや下を向くとトラッキングが外れてしまうことが度々。。。 

D-CLikeなどのカラーについては今後のファームウェアアップデートに期待

カラーの設定項目はまだありません。オズモポケットにあるD-Clikeもまだ設定することができないので注意が必要。

ただしDJIは発売後の製品でも頻繁にファームウェアをアップデートしてくれるので、これからの対応に期待ですね。 

手ぶれ補正性能はオズモポケットよりもいい

オズモモバイル3もオズモポケットも手ブレを抑えてくれるガジェットですが、どちらかというとオズモモバイル3の方が手ブレ補正の性能は一段上の感想です。

オズモモバイル3で撮影した作例

実際にオズモモバイル3で撮影した動画はこちらです。

youtu.be

私は雪駄を履いて歩きながら撮影しています(ジンバル歩きなし)が、縦揺れ含めた手ブレは完全に抑えられています。

ファームアップデートされてカラー設定が可能になると、オズモモバイルを使って作品撮りも簡単にできるようになると思います。

 

最後に

突如発表されて慌ててゲットしたオズモモバイル3でしたが、これは想像以上に楽しい機材です。

どちらかと言えば超動画初心者向けの機材のような気がします。

価格も比較的お手頃なので、ぜひゲットして使ってみてください。大満足の機材になること間違いなしですよ!

次の記事はこちら

▼注意喚起としてオズモモバイル3を買ってはいけないタイプの人をまとめました。

www.01dougajyuku.work

▼DJIのもう一つのジンバルカメラ『オズモポケット』はこちらを確認してください。

www.01dougajyuku.work

ソニーから新しく発売されるRX100Ⅶ。こちらも後日レビューする予定なので楽しみにしてください。

www.01dougajyuku.work