ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

ソニーRX1Rm2の後継機『RX1Rm3』が欲しい!発売日と期待する機能はこれ!

f:id:Studiocedarv:20190718225359j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

▼先日ソニーのミラーレスカメラα7RⅣが突然発売されました。

www.01dougajyuku.work

世の中の誰1人として予想していなかったα7RⅣの発表。度肝を抜かれました。

α7RⅣの発表があった反面、RX1Rm3の発表がなかったことに落胆

今回のソニーの発表で絶対にRX1Rm3が出てくると思っていたので、α7RⅣの発表で終わった瞬間に『あれ?休憩?』って思ったのは私だけでないはず。

---

▼ここしばらくはRX1Rm3が待ち遠しくて、物欲に任せて記事を書いてしまうほど。

www.01dougajyuku.work

そんな心理状態なので、今後出るであろうRX1Rm3に搭載して欲しい機能と発売日についてまとめてみました。

 

RX1Rm2の後継機『RX1Rm3』の発売時期は?

ソニーは年内にかけていくつかのカメラを発表すると噂されています。

digicame-info.com

私はそのうちの一つ『新型のRXシリーズのカメラ』がRX1Rm2(RX1Rⅱ)の後継機RX1Rm3(RX1Rⅲ)だと予想しています。

ここでこれまでのRX1シリーズの発売時期を確認していきましょう。

これまでのRX1シリーズの発売時期

  • RX1:2012年11月16日
  • RX1R:2013年7月5日(先代の発売日から約8ヶ月後)
  • RX1Rm2:2016年2月19日(先代の発売日から約2年半後)

2019年7月現在でRX1Rm2発売から3年半が経過

フルサイズコンデジというハイアマ向けのカメラではありますが、発売から3年半経過しているならば、そろそろ後継機RX1Rm3が発売してもおかしくない時期です。

つまり予想されている『新しいRXシリーズのカメラ』はRX1Rm3だと予想します。

RX1Rm2の後継機RX1Rm3に期待する機能はこれ!

そろそろ発売されるであろうRX1Rm3。期待する機能をまとめてみました。

外観デザインはそのままがいい

RX1シリーズのデザインが大好きです。

f:id:Studiocedarv:20190718221645j:plain

ソニーのフルサイズセンサーカメラを示すオレンジラインがこれほど似合うカメラはRX1シリーズしかないです。

後述しますが、手ぶれ補正などが搭載されるとこのコンパクトサイズに納めようとするともっとボディが大きくなるのではないかと思いますが、なんとかこのサイズとデザインは残して欲しいです。

センサーは6100万画素になるんだろうけど。。。

RX1Rm2は4200万画素のセンサー 。 

先日発表されたα7RⅣは驚きの6100万画素。

このままで行くとRX1Rm3にも6100万画素のセンサーが搭載されると思います。

でも、6100万画素になるとファイルサイズが大きくなりすぎるような気がします。

散歩カメラに最適なRX1Rm3。できれば4200万画素のままにしてもらえないでしょうか。

5軸手ぶれ補正は搭載して欲しい

今では標準で搭載されるようになった手ぶれ補正機能ですが、RX1Rm3にも搭載して欲しいです。フルサイズで明るいレンズを搭載するのであれば、夜間撮影も多くなるので手ぶれ補正があると撮影に大助かり。

手ぶれ補正ユニットがボディサイズの制約になるだろうけど、これはなんとかして実現して欲しい。

レンズの絞り開放はF1.8がいい

現行機のRX1Rm2は35mmF2.0のレンズが搭載されています。

後継機RX1Rm3はぜひより明るい35mmF1.8のレンズを搭載して欲しいです。

専用設計のレンズなのでぜひソニーさんに頑張って欲しい。

 

RX1Rm3にあればいいけど無理ならなくてもいい機能

ここまでは欲しい機能を上げてきましたがここからは『あればいいけど無理ならなくてもいいよ』 の機能。

4K動画撮影機能は無理ならなくてもいい

最近ではどんなカメラにも搭載されている4K動画撮影機能

確かに精細できれいな映像が撮れる4Kですが、個人的にはFHD(フルHD)で十分だと思っています。4K動画撮影機能を搭載することでいろんな制約が出るのであれば、潔く諦めてもらってもいいです^^;

4K動画撮影機能を搭載するくらいならFHD120fpsで撮影できるとか、10bit 4:2:2で撮影できるとかの方が嬉しいです。ソニーさんお願いします。

内蔵フラッシュはあれば嬉しいけどなくてもいい

内蔵フラッシュは何かと便利な機能。逆光で暗いところをちょっと照らしたいと思った時にあると無しでは大違い。外付けのフラッシュなんかいつも持ち歩いていないから。

でもフルサイズセンサーが搭載されていることを考えると、内蔵フラッシュはまず搭載は無理ですね。

ボディサイズが大きくなるくらないなら内蔵フラッシュはなくてもいい。

ダブルスロットはあってもいいけどなくてもいい

α7Rⅲを使っていますがスロット2を使ったことが一度もありません

天の川タイムラプスとかで2000枚とか一度に撮影するけども、です。

プロのカメラマンであれば、フェールセーフとしてコピーをスロット2に保存することもあるのかもしれませんが、アマチュアでは正直そんなシビアなことはそうそうない。

そもそもそんな指示あな環境でRX1Rm3は使いません。(多分)

最近の流行りではあるけれど、ダブルスロットは要りません

---

RX100Ⅶが発表されました!2019年8月30日発売!

『新型のRXシリーズのカメラ』はRX1Rm3ではなくRX100Ⅶでした。

ミラーレスカメラのフラッグシップ機α9並の連写性能を備えたRX100Ⅶはミニα9と呼ばれるくらいハイスペックモンスターです。

▼RX100Ⅶの機能についてより詳しく知りたい人はこちらの記事を読んでください。 

www.01dougajyuku.work

▼同じRXシリーズにRX100シリーズがありますが、全機種を徹底比較してみました。RX1シリーズもいいですが、RX100シリーズもコンパクトでオススメです。

www.01dougajyuku.work

 

最後に

本当にRX1Rm3が早々に発売されるのかどうかはソニーの中の人しかわかりません。

でもライカコンデジも大人気な今、フルサイズコンデジの先駆けとして発売されたRX1Rm3が発売されなくてどうするんだ!と思います。

ソニーの中の人は、忙しいと思うけどなんとかRX1Rm3発売をオネシャス!

そうしないと我慢できずにRX1Rm2を買っちゃうぞ!

次の記事はこちら

ソニーのミラーレスカメラのラインナップをまとめました。αシリーズが気になる人はこちらの記事を読んでください。

www.01dougajyuku.work

▼RX1Rm3と一緒に運用していきたいと思っているα7Rⅲ。後継機のα7RⅣが発売されても私の最愛の相棒です。そんなα7Rⅲのレビュー記事はこちら。

www.01dougajyuku.work

▼今後発売されるであろうα6500の後継機α7000(α6700)の予想される機能はこちら。

www.01dougajyuku.work

▼実験的な試みとして、Eマウント純正レンズの値落ち率を調べて比較してみました。意外な結果でした!

www.01dougajyuku.work

#RX1Rⅲ #RX1Rⅱ