ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない地元の風景を撮り続ける『ジモグラファー』がお届けする、『できない(ゼロ)』から『できる(イチ)』になるためのブログ!

Anker PowerCore Fusion 5000は買っちゃダメ?オススメしない人5選!

f:id:Studiocedarv:20190524183354j:plain

こんにちは。ゼロイチです。

ANKERのモバイルバッテリーPowreCore Fusion 5000を使っていますか?

モバイルバッテリーとAC充電器が一体となった製品で、これまでのモバイルバッテリーの固定観念をいい意味で変えてくれました。

ただ最高なPowerCore Fusion 5000もオススメしない使い方もあります。

そんな『PowerCore Fusion 5000を買っちゃダメな人』5選を紹介します。

PowerCore Fusion 5000はこちら

 

PowerCore Fusion 5000は私も大好きで2年以上使用しています。

2年間使用した私のPowerCore Fusion 5000のレビュー記事はこちら

www.01dougajyuku.work

そんな私だからこそあえてPowerCore Fusion 5000のデメリットをお伝えします。

『PowerCore Fusion 5000を買っちゃダメな人』5選です!

外でモバイルバッテリーをあまり使わない人は買っちゃダメ!

PowerCore Fusion 5000はプラグがついたモバイルバッテリーです。

万が一外出先でバッテリーがなくなっても、プラグをコンセントに挿すことでAC充電器にもなりますし、本体にも充電することができます。

しかしそもそも外出先であまりモバイルバッテリーを使わない人にはそのメリットを享受することは少ないでしょう。

その代わりプラグがついたちょっと重めのモバイルバッテリーを常に持ち歩くことになり、PowerCore Fusion 5000のデメリットが目立ってしまうことになっていまします。

そんな方にはもっと小さくて軽いモバイルバッテリーをオススメしますよ!

PowerCore+miniは容量は3350mAhと少ないですがスマホ1回は充電できますし、小さくて軽いので常にカバンの中に入れていても負担になりません。

ただし充電速度は遅いので非常用の使い方になりますね^^

日常の荷物をできる限り少なくしたい人

PowerCore Fusion 5000は、プラグがついたAC充電器機能もあるモバイルバッテリーなので、通常の5000mAhのモバイルバッテリーと比べるとちょっと大きくて、ちょっと重いです。

少しくらいなら大して気にもならないのですが、問題なのは厚みがそこそこあること。

スマホのような薄さであれば、カバンのポケットの中にすっと入れておくこともできますが、厚み31mmのPowerCore Fusion 5000はゴロッとしたボディなので結構存在感があります。

ポケットに入れようと思うとボコッと出っぱってしまいます。

また小さなポーチに入れる際にもポーチの形を崩してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ただしPowerCore Fusion 5000にすると万が一出先でバッテリーがなくなってもコンセントに直接挿して充電できるので、結果的にAC充電器を持たなくてもいいというメリットはあります。

ここはあなたの実際の使い方を考えて選びましょう。

iPadなどのタブレットも充電したい人

PowerCore Fusion 5000は5000mAhのバッテリー容量のためスマホ2回弱程度の充電が可能となります。

それに対してiPadなどのタブレットは10000mAhの容量があるため、PowerCore Fusion 5000では満充電にすることができません。(私も経験ありますが、タブレットで動画なんかをみていると結構すぐにバッテリーが切れてしまいますよね。)

タブレットを外で充電したい人はもう少し大きなモバイルバッテリーを用意しましょう。

PowerCore 10000 PDはタブレットなら1回充電できる容量を持っています。

またUSB-Cポートも備えているためより高速充電が可能です^^

USB-Cで充電したい人

PowerCore Fusion 5000は2年以上前に発売されているので、搭載されているポートはUSB-Aしかついていません。

昨今のモバイルバッテリーではUSB-Cポートは標準でついている感じなので、これは残念なところです。

これには早く好景気が発売されることに期待するしかないですよね。

 

AC充電器として使いたい人

PowerCore Fusion 5000はAC充電器の機能がついたモバイルバッテリーだとお伝えしました。

通常住宅のコンセントは床から300mmくらいの高さについているのですが、そのコンセントに差し込むと、本体の重量で外れてしまうことがしばしば。。。

私は30cmほどの延長コードを壁のコンセントに挿して、そこにPowerCore Fusion 5000を挿して使っています。

なのでAC充電器メインで通常は使って、時々外出時に持ち出したいと思っている人は注意が必要です。(PowerCore Fusion 5000を挿す向きによっても外れやすさは変わると思いますが) 

それでもPowerCore Fusion 5000はオススメなモバイルバッテリー!

ここまでディスっていますが、やっぱりPowerCore Fusion 5000はオススメしたいガジェットです^^

各家庭に一台は常備しておいてほしいモバイルバッテリーPowerCore Fusion 5000の紹介でした^^

 

最後に

どんな優れた製品にもデメリットは存在するので、やっぱり合わない使い方の人も一定数いるんですね。

他の人がオススメしている方買ってみたけど全く良くなかった、と思って欲しくなくてこんな記事を書いてしまいました。

購入を検討されている人はこの記事を参考にして再検討してみてくださいね。

PowerCore Fusion 5000の購入はそれからでも遅くありませんよ!

そして購入するときは下のリンクからどうぞ!笑

次の記事はこちら

PowerCore Fusion 5000を全力で紹介している記事はこちら

www.01dougajyuku.work

PowerCoreFusion5000の専用ケースを買ってみた!の記事はこちら^^

www.01dougajyuku.work

当ブログで全力でオススメしているオズモポケットのレビュー記事はこちらです^^

www.01dougajyuku.work