ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

何気ない地元の風景を撮り続ける『ジモグラファー』がお届けする、『できない(ゼロ)』から『できる(イチ)』になるためのブログ!

OSMO Pocket(オズモポケット)はズームできない?決してオールマイティではないから気をつけて!

f:id:Studiocedarv:20181202150301j:plain

こんにちわ。

ゼロイチ動画塾を運営しているゼロイチです。

DJiから発売されたジンバルカメラOSMO Pocket(オズモポケット)が楽しいですね^^

他のレビュー記事にはない注意点!

しかしOSMO Pocketに過度の期待は禁物です!
注意喚起として次の記事をまとめました。
そのほかのレビュー記事では全く触れられていませんが、OSMO Pocketはズームができません。注意しましょう。

本記事の内容

  • OsmoPocketはズームができないことを知る
  • OsmoPocketはオールマイティーカメラでないことを知る
  • OsmoPocketは何ができるのかを考える

※オズモポケットのその他関連記事が気になる方はこちらのまとめ記事をご覧ください。

www.01dougajyuku.work

 

OSMO Pocketはズームができない

GoProは広角から標準域まで動画の画角を変更することができますが、OSMO Pocketは画角を変更することができません
画角は約26mm程度になる(iPhoneよりも少し広く撮れる)ので広角側はそれほど問題ありませんが、ズームすることができないので遠くのものを拡大して撮影することができません。

OsmoPocketでズームする裏技はこれ!

そんなOsmoPocketでもズームする裏技があります
それは『スローモーション撮影』することです。
スローモーションで撮影すると画面がクロップされるので気持ちだけズームすることができます!(ただしもちろん音声は録音できないので悪しからず)

子どもの発表会などでは使えない

OSMO Pocketがズームできないとすると、使い方でどんな問題があるのでしょうか。
ズームができないので被写体に近寄れないシーンでは使えないでしょう。
例えば子どもの発表会や運動会では、通常ズーミングして我が子をできるだけ大きく写そうとするものですが、ズームできないので豆粒のようにしか映らない可能性があります。(二人三脚のように親子で一緒に運動する競技だと大活躍するかもしれませんね)
そんな時は迷わずソニーのコンデジRX100m6を選びましょう!
RX100m6は、素晴らしいAF、早い連写、200mmの望遠性能があって運動会には大活躍なカメラです。

OsmoPocketは自分が被写体に近寄ればアップの撮影は可能

ズームはできませんが被写体によってアップで撮影することは可能です。
0:45頃から始まるお稲荷さんのスロー動画をみてもらうとよくわかると思います。

 

OSMO Pocketはオールマイティーカメラではない

間違えて欲しくないのですがOSMO Pocketが嫌いなわけではありません。
控えめに言ってもOSMO Pocketはいいカメラですし私は買います。

※12/15の発売日に購入しました!
OsmoPocketは素晴らしいカメラですが、決してオールマイティーなカメラではありません。

OsmoPocketが活躍する場面はどんな時か

オズモポケットは非常にコンパクトなボディに、高性能なジンバル機能が搭載されています。そんなオズモポケットが活躍する場面は次の●点です。

子どもと公園で遊んでいる時!

子どもは常に動き回っています。
動画を撮ろうと思っても子どもを追いかけながら撮影することも多く、通常のカメラやスマホで撮影するとブレブレな動画になってしまいます。
そんな時こそオズモポケットの手ぶれ補正が大活躍します。
さらにオズモポケットにはアクティブトラックというトラッキング機能があります。

アクティブトラックを初めとしたオズモポケットの機能をまとめた記事はこちら。

www.01dougajyuku.work

子どもの姿を指先で登録すれば、カメラが自動で子どもの姿を追いかけてくれる機能です。
これで、子どもの姿を見失うことなく、手ぶれのないきれいな動画を撮影することができます。

友達との旅カメラとして!

友達と旅行に出かけたら思いっきり楽しみたいですよね。
大きなカメラを持ち歩くのも大変だし、大きなカメラを向けられたらみんな緊張してしまいますよね。汗
オズモポケットは、手のひらサイズのボディに最高の手ぶれ補正機能がついたカメラ。
旅行先は手ぶらで動きたい人には最適です。その名の通りポケットに入れることができます。 
そしてオズモポケットはディスプレイがついているので簡単に自撮り動画も撮影できます。(GoProHEROではディスプレイが正面についていないので撮影状態を確認することができない)
旅に出るときは、撮影するかしないかは別にして、カバンのポケットにそっと忍ばせておきましょう。
(バッテリーの問題はありますが、スマホ主流の現代ではほとんどの人がモバイルバッテリーも持っていると想定しています。)

新たにハイパーラプス機能が追加された!

ファームウェアアップデートでハイパーラプス機能が追加されました。
こんな形で機能が追加されるのは本当に嬉しいです。
タイムラプスの感覚が2秒始まりだったので不満でしたが、ハイパーラプスが使えるのであれば問題ないかもしれませんね。

ハイパーラプスの設定方法と作例の記事もまとめたので参考にしてください。

www.01dougajyuku.work

www.01dougajyuku.workOsmoPocketで撮影した動画をまとめました 

実際に私が撮影して編集した動画をまとめました
オズモポケットでどんな動画がとれるのか確認してもらえると嬉しいです。順次更新していくので時々のぞいてみてください。

その他の動画に関する記事もあります

初心者の方が動画を撮ろうと思った時にオススメできる機材をまとめてみました。
運動会や動画撮影にオススメなコンデジとしてRX100m6を紹介しています。
少し高級機になりますがソニーのミラーレスα7Rⅲもオススメです。ぜひ動画を見てみてください^^驚きます汗

最後に

小型ビデオカメラにはGoProソニーX-3000などそれぞれ特徴のあるカメララインナップが揃っていますので、あなたにあったカメラを選んで素敵な素敵なカメラライフを過ごしてくださいね。

  

次の記事はこれ

▼オズモポケットに関する記事をまとめてみました。
オズモポケットに興味がある人はまずこちらを読んでください。

www.01dougajyuku.work

▼オズモポケットを買ってはいけない人について知りたい人はこちら。

▼今私が一番大好きなカメラ、FUJIFILMのX100Fについてはこちら。

www.01dougajyuku.work