ゼロイチ動画塾とゆかいな仲間達

動画を『作れない』から『作れる』になるたい!そんなできない(ゼロ)からできる(イチ)になるためのブログ!

OSMO Pocketを買う人は必読!絶対に買ってはダメな人の5つのポイント!オズモポケット

f:id:Studiocedarv:20181205122511j:plain

こんにちわ。

ゼロイチ動画塾を運営しているゼロイチです。

 

DJIのジンバルカメラOSMO Pocket(オズモポケット)があまりにも素晴らし過ぎて、毎日楽しく使っています。

そんなに大人気なら買ってみようか?と思う人もいると思いますが、高評価だからこそOSMO Pocketを絶対に買ってはいけない人の5つのポイントをまとめてみました。
 
OSMO Pocketを買おうと思っている人は実際に購入する前にこの記事を読んで確認してください。
 

本記事の内容

  • OsmoPocketの購入をもう一度考えた方がいい人はこんな人
  • OsmoPocketとGoProHERO7のそれぞれの得意分野

目次

 

 

キューバダイビングなどのマリンスポーツをする人は買ってはダメ!

OSMO Pocketは防塵防滴ではありません。水の中につけたら壊れます。。。
 
小型動画カメラの筆頭格であるGoProHERO7が防塵防滴のため、同じようなカメラは水につけても問題ないんだと思っている人がいますが絶対にやっちゃダメです。即、修理工場行きになります。
 
専用のハウジングケースも今後発売されるので一応防水対応は可能になるようですが、スキューバやサーフィンなどのマリンスポーツをメインで行う人は迷わずGoProHERO7を選択しましょう!
 

スノーボードスケートボードなどのエクストリームスポーツをする人

OSMO Pocketは耐衝撃性は全くありません。3軸ジンバルなのでカメラがプラプラなんです。落とすと折れます。。。
 
こちらもGoProHERO7G-SHOCK並みに頑丈なので勘違いする人が多いと思います。
カメラは精密機械です。それだけGoProHERO7が異常に頑丈なんです。

オートバイやロードバイクなどをする人

オートバイなどに取り付けて撮影する人は、OSMO Pocketがもつ強力な手ぶれ補正を発揮する機会が少ないかもしれません。
夏場は虫やカナブンが飛んできてジンバルに当たってしまうと(多分)折れてしまいます。気をつけましょう。
ただし夜間の撮影はOsmoPocketは得意なのでオススメできます。
その場合は、ジンバルの設定について注意が必要になります。
OsmoPocketで動画を撮影する際の設定方法についてまとめたので下記記事を参考にしてください。

とにかく狭いところで広く撮りたい人

OSMO Pocketは超広角ではありません。(多分焦点距離26mmくらい)
 
iPhoneよりは広く撮れますががGoProHERO7のように魚眼のような広角撮影はできません。狭い室内を広く撮りたいなどの場合はGoProHERO7を選びましょう。
目安は、iPhone程度の画角で問題なければOSMO PocketでもOK。iPhoneよりは少し広く撮影できます。
そして、OsmoPocketの写真は思ったよりも綺麗に撮れます。これにはびっくり‼️

 

何時間も動画を撮り続ける人

OSMO Pocketはバッテリー交換できません。
バッテリーが無くなると1時間ほど充電する必要があります。(それでも2時間以上撮影可能なので普通の使い方だと問題ないと思いますが)
 
USB-Cケーブルで繋げば給電しながら撮影することは可能なので、モバイルバッテリーなどを常時繋げておけば長時間撮影も可能になります。
ただしOsmoPocketの特徴である小さくてポケットに入れて守り運ぶことができる特徴が損なわれてしまいます。
 
どうしてもカメラをずーっと回しっぱなしで動画を撮り続けたい人はGoProで予備の電池パックを買いましょう。GoProは複数個を同時に充電できる充電器も売っています。
 

 

OSMO PocketはGoProHERO7と対極にあるカメラ

ここまで上げてきた理由は全てGoProが最も得意とする分野です。
つまりOSMO PocketはGoProの独壇場だった小型動画カメラ市場を奪いにきていると言ってもいいです。

f:id:Studiocedarv:20181205123723j:plain 

 

 

 

OSMO Pocketは本当にいいカメラ

間違えて欲しくないのですが、OSMO Pocketをディスっているわけではありません。
控えめに言ってもOSMO Pocketはいいカメラです。
GoProが持っている特殊な性能に期待をしてOSMO Pocketを購入し後悔をしてしまうことに注意して欲しいだけです。
 
動画を撮りたいと思っているほとんど多くの方は満足できるOSMO Pocketですが、ここまで上げた特殊な使い方をしたいと考えている方は、GoProHERO7も検討し購入されてください。
 
せっかく高い買い物をするのですから、あなたの使い方にあった小型動画カメラを選択してくださいね^^

OsmoPocketで撮影した動画はこちら。

  

次の記事はこれ

オズモポケットを実際に使ってみてその他にも色々と注意点が見えてきました。
それらをまとめた記事もあるので是非参考にしてください。

・OSMO Pocketはズームできない?決してオールマイティではないから気をつけて!

・OSMO Pocketのモーションタイムラプスは素晴らしいけど注意が必要!

・子ども撮影カメラに最適!ブレのない動画ならジンバルカメラDJI OSMO Pockets!

・【レビュー!】DJI OSMO Pocket(オズモ ポケット)は生活を変える!十分広角でオススメです!

・実写レビュー!動画をyoutubeにアップ!小型ジンバルカメラDJI OSMO Pocketはやっぱり旅カメラに使えます!

・充電ケースが近未来的!小型ジンバルカメラDJI OSMO Pocketのアクセサリを紹介!

・使ってわかった!OSMO Pocketの動画性能について解説!

・OSMO Pocketのアクセサリ(サードパーティー製)が出揃ってきました!

・OSMO Pocketの動画撮影時の設定方法と使い方はこれ!

・OSMO Pocketは写真もキレイでした!作例を順次アップする!

・OSMO Pocketで撮る 動画作例集

・DJI OSMO Pocketは最強の旅カメラ!卒業旅行の最高の思い出が残せる!

今一番大好きなカメラX100Fについて記事を書いています。