ゼロイチ動画塾

何気ない風景を撮り続ける『ジモグラファー』によるブログ!

最強のジンバルカメラDJI Osmo Pocket(オズモポケット)が発表されたよ!

f:id:Studiocedarv:20181202144850j:plain

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

 

こんにちわ。

ゼロイチ動画塾を運営しているゼロイチです。

2018年11月29日 MAVIC PROなどを発売しているDJIから超小型の3軸ジンバル搭載カメラ『DJI OSMO Pocket』が発表されました!

製品の内容についてはDJI公式の動画をご覧ください。


DJI - Meet Osmo Pocket

 

※オズモポケットのその他関連記事が気になる方はこちらのまとめ記事をご覧ください。

www.01dougajyuku.work

OSMO Pocketのスペック

スペックはこちら。

 

DJI OSMO Pocket

 サイズ

121.9*36.9*28.6mm

 重量

116g

カメラ

 

 センサー

1/2.3inch CMOSセンサー

 有効画素数

1200万画素

 レンズ

FOV:80°(焦点距離約26mm)F2.0

 ISO感度

100-3200

 動画解像度

4K Ultra HD:3840:2160 24/25/30/48/50/60p

 最大ビデオビットレート

100Mbps

 対応SDカード

microSD

バッテリー

 

 容量

875mAh

 稼働時間

140min

 充電時間

1時間 13分

ポケットにも入るコンパクトなサイズ感

一番の特徴はそのサイズ!

ここ最近のジンバルはスマホを取り付けられるものなどどんどん小型化が進んでいますが、どれだけ小型化されてもカバンにしまうときに結構かさばるんです。

f:id:Studiocedarv:20181202143936j:plain

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

しかしDJI OSMO Pocketoではジーンズのポケットに収まるサイズ!

サイズは121.9*36.9*28.6mm、重量は116gです!

iPhoneXsが143.6*70.9*7.7mm、177gなのでサイズも重さも一回り小さくなっています!

ジンバルによる手振れ補正は強力!

手振れ補正の機構は、DJI OSMO Pocketのように3軸ジンバルで補正するものと電子式と光学式があります。

電子式で代表的なのは『GoProHERO7』。タイムワープという電子式手振れ補正を活用したヌルヌルタイムラプスが好評です。

光学式で代表なのはiPhoneXsなどのスマホです。

それを比較したものがこちらです。

左から順番に『ジンバル:DJI OSMO Pocket』『電子式:GoProHERO7イメージ』『光学式:iPhone』です。

f:id:Studiocedarv:20181201202513g:plain

DJI公式ホームページより(ブログ用に圧縮しています)

ジンバルによる手振れ補正がいかに強力かわかりますよね。

OSMO Pocketのカメラは必要十分な性能!

f:id:Studiocedarv:20181202152321j:plain

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

搭載されているカメラも必要十分な性能を持っています。

F2.0の広角レンズを搭載し、4K動画を60fpsで撮影できます。

動画を撮影するスペックとしては十分な性能となっています。

 

アクセサリで様々な撮影スタイルに対応

f:id:Studiocedarv:20181202151505j:plain

DJI公式ホームページより

OSMO Pocket本体に接続可能なユニバーサルポートを使えばスマホだけでなく様々なアクセサリを装着し自由度の高い撮影が可能になります。

スマートホンアダプタ

f:id:Studiocedarv:20181202144753j:plain

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

スマートフォンアダプタを使えばスマホを物理的に装着でき、大型ディスプレイや各種操作画面として使用可能です。

充電ケース

f:id:Studiocedarv:20181202151553j:plain

DJI公式ホームページより

充電ケースの中に入れて持ち歩けることが可能です。さらにNDフィルターやSDカードも格納で決まる。これは絶対に欲しくなるアクセサリです。

3.5mmアダプタ

f:id:Studiocedarv:20181202151921j:plain

DJI公式ホームページより

動画を撮影するときに音は非常に大事です。コストをかけて画質を上げるよりも少し工夫して音質を上げる方が全体的な動画の質は向上します。

3.5mmアダプタを使えば外部マイクを取り付けられ動画撮影時に最も重要な音声の録画にも最適化されます。

私はこのマイクを持っているのでぜひ使ってみたいですね。

コントロールホイール

コントロールホイールを装着することで、正確なパン&チルトの操作が可能になります。

様々な撮影モード

通常のジンバル撮影だけでなく様々な撮影モードが用意されています。

FPVモード

f:id:Studiocedarv:20181202145851j:plain

DJI公式ホームページより

FPVモードでは撮影者の目線の動きに合わせて再現する機能のようです。

ジンバルの特徴をうまく使った機能かと思いますが、具体的にどのような使い方になるのかは発売されてから確かめてみたいですね。

アクティブトラック

f:id:Studiocedarv:20181202150301j:plain

DJI公式ホームページより

液晶画面の被写体にタップすることで被写体を追従する機能です。

GoProなどにはない機能なのであるとすごく便利ですよね。

3×3パノラマ

f:id:Studiocedarv:20181202150404j:plain

DJI公式ホームページより

合計9枚の写真を撮影し合成することでより広角な写真を撮影することができます。

それに合わせて画素数も上がるんでしょうか。楽しみな機能の一つですね。

モーションラプス

f:id:Studiocedarv:20181202150600j:plain

DJI公式ホームページより

タイムラプスにパンなどの動きをつけた動画を撮影することができます。

今まではこれを実現しようと思ったらパン用の機材の上にカメラをセットして撮影する必要があったのですが、OSMO Pocket一台で完結できるなら最高ですね!

パンさせたタイムラプスのイメージ動画はこちらです。


ASAKUSA Timelaps no music

ナイトショット

f:id:Studiocedarv:20181202150914j:plain

DJI公式ホームページより

カメラが低照度を感知し、三脚がなくても2〜3秒の長時間露光が可能になるようです。

価格もお手頃

DJI OSMO Pocketの価格は44,900円。

対抗馬のGoProHERO7Blackが49,800円なので約5,000円安いです。

ジンバルとカメラが一体になっているのでカメラ分の価格も考えると十分安いと思います。

発売は12月15日!

DJI OSMO Pocketの発売日は12月15日(土)です。

個人的にはモバイルバッテリー付きのケースが未来感満載で楽しみです!

ゆうこすさんのtwitter

 

DJI OSMO Pocketは買いか?

間違いなく『買い』だと思います!

GoProHERO7はアクションカムとして大好評ですが、私の使い方ではそこまでアクションカムとしての性能は不要でした。(ちなみにGoProHERO5を使っています。)

ほとんどの人にとって、手ブレのない動画を撮ろうとしたらGoProHERO7よりもDJI OSMO Pocketの方が適していると思います。

子どもを撮影するためのカメラとして考えても最適です!

www.01dougajyuku.work 

多分買います!

私、多分買います。。。

発売日に届くように注文したいと思います。

届いたらレビューしたいと思うのでお楽しみにしててくださいね^^

2018.12.16追記 

届きました!レビュー記事を書いたのでこちらもどうぞ!

www.01dougajyuku.work

www.01dougajyuku.work

OSMO PocketとGoProHERO7との比較記事もあります!

私のメインブログの方になりますがGoProHERO7との比較記事をまとめました。参考にご覧ください。

www.studiocedar.life

  

次の記事はこれ

▼オズモポケットに関する記事をまとめてみました。
オズモポケットに興味がある人はまずこちらを読んでください。
▼コンパクトなカメラとしてソニーから発売したRX0m2もオズモポケットにも負けず劣らずいいカメラです。